非薬剤師の調剤業務を可能にし処方箋枚数規制を緩和する迷案






非薬剤師が行える対物業務の整理
処方箋40枚規制


このニュース、度々出てきますよね。

そして個人的には

「非薬剤師が行える対物業務の整理」

に関しては、まあそうだよなと言う印象です。

最近ではドラッグストアのトモズが

ロボットを活用した調剤業務での自動化を進めたり

そもそも厚労省は「対物業務から対人業務へ」として

薬中心の業務から患者中心の業務へと移管させることを決めていましたので

遅かれ早かれ非薬剤師が対物業務を担う事になるのは時間の問題でしょう。


しかし問題なのは処方箋40枚規制の方です。

どうしてここにきて処方箋40枚規制に手を付けるのか全く意味が分かりません。


厚労省としては調剤業務を非薬剤師が行えるようにし

「これまで調剤に充てていた時間を服薬指導や在宅訪問に充ててね」

と言うことのはずなんですが(少なくとも建前上は)

これを薬剤師の対応できる処方箋枚数を増やしては元も子もありません。




具体的な例を挙げますと

例えば薬剤師2名と事務1名の薬局で処方箋40枚以上を受けていたとします。

仮に非薬剤師の調剤全般が認められたとしても

ここに新たに調剤専門の非薬剤師を雇うなんて事はまずありません。

おそらく薬剤師は2名のままで事務が調剤に加わるのが現実でしょう。

もしくは薬剤師を1人削って調剤専門の非薬剤師を1~2人(正社員とパート)雇うか。

いずれにしても薬剤師の対人業務が充実するとは到底思えません。



ただ前提として

薬剤師1人あたりの処方箋枚数はもはやあって無いようなものです。

以前薬剤師の処方箋40枚について書きましたが

この数字が正しいとは到底思えません。

⇒処方箋40枚に思う事



現状では仮に1人の薬剤師が

40枚以上の処方箋を対応していたとしてもほぼ無風です。

それに過去1年間毎日40枚を超える薬局は

それなりの給料も貰っているでしょうから雇われ薬剤師側も了承の所も多いでしょう。



じゃあ処方箋枚数の制限なんていらないんじゃないの?

と思われるかもしれませんが

しこの処方箋枚数と言う最低限のいわば「目安」があるために

現場の薬剤師が守られている面も大きいと思います。


ただ処方箋枚数の緩和が行われると

「対人業務にシフトするため」と言うのは絵に描いた餅に終わり

今度は対人業務が質より量にシフトするだけです。

制度部会ではひっきりなしに

「薬局は十分な仕事を行っていない」と批難されていましたが

処方箋40枚を撤廃することによって

さらにそのようなやるべき事をやっていない薬局を助長する事になるでしょう。




ではどうしてこの様な話が出てきたのか。

でもこれは別にぽっと出てきた話しではありません。

そもそも平成28年度の診療報酬改定の財務省案の中で

調剤基本料の見直しと共に処方箋枚数の40枚の緩和の案が出されていましたので

今回これが再浮上した事になります。

⇒(28年度診療報酬改定、子ども・子育て)

そして薬剤師の1人当たりの処方箋40枚と言うのは

旧薬事法に基づいた省令によるものなので

今回の法改定のタイミングで40枚規制緩和の話しが沸いてきたのでしょう。



でもこの非薬剤師に調剤業務を認めるタイミングで

処方箋枚数の緩和を行うのは論理的にもやはりおかしいですよね。


でも薬剤師1人当たりの処方箋枚数緩和で得をする人も確かにいる事を考えると

もはや正論などいらないのかもしれません。


ただ逆に考えてみると

今回の薬機法改正で処方箋枚数の緩和が行われないとするならば

タイミングを考えてもこの話し自体が

当分の間出てこないのではないかなあと思います。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

病院薬剤師の評価が上がっても院内回帰は厳しいと思う理由





第10回の制度部会の薬局に関する議論を簡単にまとめると



○薬の服用期間を通じての患者指導は確実に法律にも組み込むつもり

○しかし薬剤師にとってこの当たり前の行為に報酬を付けることは許さない

○今回の制度部会の議論は調剤報酬に影響する

○簡単に言えば薬局は仕事してないので次の調剤報酬は削ることになる




という議論です。

⇒平成30年度第10回 厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会 議事録




一番最後は個人的な意見ですがまあ妥当だと思います。

今回の議論は前回と比べて特に変わったことはなく

もはやすべて既定路線だと思いますのでそれはさておき

最近の医師会中川委員の意見にちょっと賛同することがあります。

それは病院薬剤師の評価を付けるという主張です。

彼は今回もこの様に主張しています。


医療機関の薬剤師を報酬上評価して医療機関の薬剤師の雇用を促進することは、日本の医療全体として見たときに大変重要なことだと思います。
ですから、繰り返しますが、1.7兆円の差(院外処方と院内処方のコストの差)を踏まえて今後、医療機関の薬剤師の雇用に必要な財源をどう確保するかということが、ここではありませんが、保険局、中医協を中心にしっかりと議論することを強く望みます。
ぜひメディアの皆様、しっかりと報道していただきたいとお願いいたします。以上です。


メディアにまで注目させようとするのは少し驚きました。



そんな中川委員の本心は想像すると

調剤報酬を下げるために医薬分業を叩き

なおかつ病院の報酬になる病院薬剤師の評価が上がれば一石二鳥

と言ったところだと思いますが

個人的な考えだと

いくら病院薬剤師の評価をあげてもそれが院内回帰に繋がるとは到底思えません。

理由は2つあります。

まず1つめですが

「病院薬剤師の評価を上げる」と言っても2種類の評価があります。

それは「外来調剤に対する評価」と「病棟業務に対する評価」になります。

そして中川委員がイメージしているのはどちらの報酬かと言えば

おそらく両方でしょう。

ではこの両方の評価が上がったとしても院内回帰は厳しいと思います。

と言うのも外来調剤の報酬も病棟業務の報酬も両方とも上がったとして

すでに院内調剤で病棟業務を行っている医療機関にとっては朗報でしょうが

現時点で院外処方である医療機関にとっては

多少外来調剤に点数が付いても院外調剤をやめるほどのメリットには繋がりません。

よほど薬剤師が確保できて余裕があるなら別ですが

外来調剤で稼げる点数と薬剤師を雇う人件費&在庫管理を考えたら

一目瞭然ですよね。

そして病棟業務に点数を付けたところで

これまで院外処方だった医療機関が院内調剤に戻す意味が分かりません。

仮に医療機関が十分な薬剤師を確保できたとすると

微々たる報酬の外来調剤のために薬剤師を使うよりも

病棟業務をバンバンやって点数を取る病院が報酬として圧倒的にメリットが大きいです。


そして院内回帰しないもう1つの理由は

医療機関にとってはもっと効率の良い報酬の得る手段があるからです。

そうです、敷地内薬局です。

敷地内薬局を利用すれば薬剤師を雇う必要はなく

そして処方箋料も賃貸料もほぼ労力なく得る事が可能です。

最近は敷地内を飛び越え、もやは医薬分業とは名ばかりの

ほぼ一体化の医療機関と薬局も出てきていますが

外来調剤を外注可能な時代に、院内回帰を目指す必要性はありません。

もちろん現時点で院内調剤の医療機関は院内の薬剤師に評価が付くことで

より一層院外処方に転向する可能性は低くなるかもしれませんが

それはいずれ敷地内薬局との天秤にかけられることになると思いますし

第一個人的には医薬分業はもう無理に増やす必要はないと思います。

薬剤師が確保できないのにこれ以上いたずらに薬局を増やす必要はないでしょう。



という事でいくら医療機関の薬剤師の評価をあげても

・薬剤師の雇用コストと外来調剤の利益の問題

・院内調剤に回す薬剤師の確保の問題

・コスパ最強の敷地内薬局の誕生

これらによって院内回帰はまず難しいでしょう。


まあそもそも中川委員も本気で考えてはいないでしょうけどね。


では一方で中川委員が言っているように

「医療機関の薬剤師の評価をあげるべき」

という主張なんですがこれは全面的に肯定するほうがメリットは大きいと思います。


なぜなら黙っていても調剤報酬は削減されるでしょうから

それならば病院薬剤師の評価が上がる方が薬剤師全体としての雇用の面としては

メリットが大きいのではないかと考えるからです。


薬局と医療機関で医療報酬・調剤報酬を取り合うのであれば

どうせならば病院薬剤師に評価を付けた方が薬剤師全体としていいでしょう。



おそらくこの医療費削減の時代の流れにおいて

薬剤師会の力だけで病棟薬剤師の評価をあげることは

控えめに言ってもかなり厳しいと思います。



「エビデンスを構築して薬剤師の評価をあげるべき」

みたいな展開はもはや幻想であり

それが客観的に適切に評価されて報酬が付くなんてことが不可能と言うのは

この数回の制度部会の議論を見て大分はっきりしましたよね。



ですからどうせ薬局の報酬が削られるのは既定路線なのであれば

ここは医師会の意思に乗っかり

病棟薬剤師の評価をあげる方が薬剤師全体の利益を考えると賢明だと思うんです。



実際に病院薬剤師のなり手が少ない理由の一番の理由は給料の安さですからね。

まあ病院薬剤師の評価がそのままダイレクトに給料に反映されればの話しですが。。。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

かかりつけ薬剤師の研修シールを売る阿呆と買う阿呆



かかりつけ薬剤師の算定要件の1つである

認定薬剤師の研修のシールの売買が話題です。

⇒「かかりつけ薬剤師」に必要な研修受講シール ネットで売買


まあモラル的にアウトなのは言うまでもありませんが

そもそも認定薬剤師は個人の自己満足を満たすもので十分なのに

それを変にかかりつけ薬剤師の要件にしたり

会社での評価の対象としたりするから話しがややこしくなるんです。


そして認定薬剤師が最低限のハードルとなった以上

もはや「かかりつけ薬剤師になるためになる認定薬剤師」なんて意味がないと考えます。

まず大前提として

どうしてかかりつけ薬剤師算定要件に認定薬剤師になる必要があるのか

正直良く分かりません。



そもそもかかりつけ薬剤師は

複数の医療機関の薬を1人の薬剤師が横断的に管理することで

薬の重複を防ぐことや健康相談に乗ること

そして何より医療費削減につなげることが真の目的です。



もちろん認定薬剤師になることで薬剤師としての質の担保という面であったり

かかりつけ薬剤師に少なからず関係する研修内容もゼロではありませんが

はっきり言ってかかりつけになるためのスキルと認定薬剤師になることの

直接的な関係性はそんなに高くありません。

「認定薬剤師になることで結果的にその知識が患者のために役立つ」

と言う意見もあるかもしれませんが

それならばかかりつけ薬剤師に特化したものがあればよく

それは別に認定薬剤師でなくてもいいわけです。

少なくともかかりつけ薬剤師になるために

認定薬剤師が必要条件に持ってくる程のものとは到底思いません。


また、認定薬剤師になったからと言って

それがかかりつけ薬剤師として適正である保障にならないことは

今回のニュースが証明してくれましたよね。



ただ一方でかかりつけ薬剤師に関する認定の要件を

より厳格にする必要もないと思います。


と言うのも仮に保険請求に関わる事例であっても

認定や研修は非常に使い勝手よく利用される道具であり

それが本質的に正しいかどうかは二の次だからです。




例えば2018年の4月から不安や不眠の症状に対して

12月以上ベンゾジアゼピン系の抗不安薬・睡眠薬を長期処方している場合には

処方箋料は40点(通常の処方箋料は68点)に減算されることが決まりました。

しかしこれを回避するためには複数の条件が設定されており

その中の1つに「不安又は不眠に係る適切な研修を修了した医師であること」

というものがあります。

ではこの研修は具体的には何が該当するのかと言いますと


と言った疑義解釈があります。


問 171 不安若しくは不眠の症状を有する患者に対して1年以上継続してベンゾジアゼピン受容体作動薬の投薬を行った場合に算定する処方料・処方箋料について、「不安又は不眠に係る適切な研修」及び「精神科薬物療法に係る適切な研修」とはそれぞれ何を指すのか。


(答)「不安又は不眠に係る適切な研修」については、現時点で日本医師会の 生涯教育制度における研修(「日医 e ラーニング」を含む。)において、カリ キュラムコード 69「不安」又はカリキュラムコード 20「不眠」を満たす研修で あって、プライマリケアの提供に必要な内容含むものを2単位以上取得した場合をいう。(⇒疑義解釈資料の送付について(その1)



そしてこの研修は研修会等へは出席せず、e-ラーニングのみの受講によって要件を満たすことが可能です。
⇒平成30年度診療報酬改定に関する質問について

何だかかかりつけ薬剤師の認定と似ていますよね。


要はポーズとして

「研修を行った者にだけ認める」と言った体にすればOK。

本気で整合性をとろうなんて初めから考えていない事が多いんです。


個人的には認定や研修は「こんなもの」という認識があるため

こんなことの防止策のためにコストや人員を割くなんて愚の骨頂だと思ってしまうんですが

一方で力を入れて不正を審議するべきだと考えるものがあります。

それは

「本当にかかりつけ薬剤師の算定を取るにふさわしい人から算定しているのか?」

という点です。



現状では初診の人でも年齢を問わずにかかりつけ薬剤師の算定を行ったり

かかりつけ薬剤師の契約を交わしても結局複数の薬局を利用しているケースもあります。

そもそも「かかりつけ薬剤師以外の薬剤師は不要だ」

と言わんばかりの昨今の制度に反して

この様なザルな制度設計を行っていることが元凶ですが

まずは1人の薬剤師が担当できる患者数の上限を設けたり

かかりつけ以外の薬局を受診した場合のかかりつけ解消のルールなどの

かかりつけ薬剤師の在り方を十分に厳格化する必要の方が建設的だと思います。










そして話は変わりますがもう1つ気になるのが今回の報道の仕方です。

このニュースを最初見た時

てっきり週刊誌が元ネタのネットニュースかと思いましたが

これってNHKが報道していたんですね。

そうなるとこの報道はかなり異常だと思うんです。




何が異常かと言えば

この報道、本当に報道する価値があるレベルに持って行くならば

「かかりつけ薬剤師の認定シールを不正に入手した薬剤師が患者から計○○円に相当する保険請求を行っていた」

このレベルが適当だと思うんです。



そして今回の報道って客観的に見てすごく違和感がありますよね。

と言うのもこのニュースを聞いてピンとくる人はほぼいないという事です。


「かかりつけ薬剤師」に必要な研修受講シール ネットで売買

と言われてもおそらく大多数の人が「何のこっちゃ分からん」と思うはずです。


だって仮に「認定看護師、研修シールをネットで売買」と言われても

「だからどうしたの?」くらいの感想しか持ちませんよね。



このニュースは一般的に問題提起をするためのものとは明らかに異なります。

つまりこのニュースは「報道になる事に意味がある」類のものでしょう。


このニュースはいずれ違う形で再び話題になりそうですね。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示