薬局をアクセスや利便性で選ぶのは当たり前



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   



薬局・薬剤師に期待することについては、「受診している病院・診療所から近く、処方された薬をすぐ受け取れる場所にあること」(51.0%)が最も多く、次いで「自宅や勤務地に近いなど、立ち寄りやすい場所にあること」(49.0%)との結果で、薬局へのアクセスや利便性を重視していることがうかがえた。
かかりつけ薬局がある人は13.4%



「患者さんは調剤薬局を選ぶ時にアクセスや利便性を重視する」

という結果ですが

個人的には仕方ないと考えます。

少なくともアクセスや利便性を重視することを悪とするならば

今の制度自体に問題があると思います。



例えば

利便性に勝るものとしてはまずお金が挙げられます。

近くに自販機があっても5分歩いた先のスーパーの方が50円安ければ

そちらを選択する人は決して少なくないでしょう。


ただ現状の調剤薬局に関しては

門前や敷地内薬局などの集中率が高い薬局の方が値段が安く

大手でもない、集中率も高くない

いわゆる調剤基本料1を算定できる薬局が

一番患者さんからすると値段が高い薬局となってしまい

それなら病院近くの薬局で薬を貰う方が値段も安く済み

薬がすぐに揃わないという事もほぼ起きません。

何かと話題の敷地内薬局ですが

患者さんの需要はかなり高いと思います。



では調剤基本料1を算定している薬局ならば

「お薬手帳を持って6か月以内であれば薬剤服用歴管理指導料が50点から38点に減算可能」

という金額的なメリットも存在しますが

トータルで考えると

41点(調剤基本料1)+38点(管理料)=79点



一方集中率が90%で月2000の受付回数の薬局であれば

25点(調剤基本料2)+50点(管理料)=75点

その差たった4点であり

おまけにダイレクトに40円高くなるのであればまだしも

それから自己負担額は0~3割負担となるため

少なくともお薬手帳を持って門前薬局以外に行くメリットは

薬剤師にとっては大きなメリットがあるとしても

患者さんにとってほぼ皆無なんですよね。



では面分業を行っている調剤薬局に患者さんが流れるように

基本料・管理料共に値段を下げてしまうと

今度は薬局の経営的な面から不利益が生じ

結局面分業を行う体力がなくなってしまうでしょう。

あるとすればドラッグストア併設の調剤薬局くらいでしょうか。


そもそも利便性を重視する事が良しとされない理由は

薬の重複投与を防ぎにくいからだと思っています。

早い話しが医療費の中の薬剤費の是正のためです。


そして昨年からこの問題を解消するために新たな制度

かかりつけ薬剤師が新設されました。

この制度の導入に関して

「患者さんに信頼された地域の薬剤師を目指す」

などと色々言われていますが

これらの言葉は後付けの大義名分だと思っています。

(もちろん薬剤師が信頼関係を築くことの重要性であり、かかりつけにその側面がありうる事も否定しません)

そして医療費の中の薬剤費、そしてその中で重複投与を抑えるのであれば

今のかかりつけ薬剤師の制度は欠陥だらけです。

その理由は2点あります。



1つは仮にかかりつけ薬剤師以外の薬局に患者さんが行っても

それを止める術がない点。

そしてもう1点は本来のかかりつけの役割を担う事なく

単に金儲けの道具にされている点です。



前者の場合

仮にかかりつけ薬剤師にしっかり取り組んでいる薬局でも

患者さんの気まぐれで自由にかかりつけ以外の薬局に行ってしまっては

もはやどうしようもありません。

そして後者の場合では

現状かかりつけ薬剤師指導料は要件を満たせば

誰にでもどの薬局でも算定可能な点はどう考えてもおかしいです。

例えば

医療モール内の調剤薬局や集中率がかなり高い薬局などの

控えめに見ても

他の医療機関の処方箋を持ち込むとは思えない薬局

まれにしか病院を受診しない人

にもかかりつけの算定が可能。


そして金儲けの道具にされたかかりつけ薬剤師の算定は

結果現場の薬剤師のノルマとされ

そこに真の意図である薬の一元管理に集中できるのかと言えば

完全に二の次になってしまいます。



ただ実際にはかかりつけ薬剤師によって

一定の薬剤費削減には繋がっているらしいのですが

もし純粋に薬の一元管理を行うのであれば

かかりつけ薬剤師自体を広く周知させるよりも

「どの薬局でも薬の一元管理を行います」

という点をお金を投入して周知させる方がコスパも良いと思うんですよね。





という事で患者さんが利便性を求めるのは仕方がないことで

薬の重複を防いで薬剤費を削減したいのであれば

今の制度のままでは大変厳しいのではないかと思います。


そしてこのご時勢であれば

薬の一元管理を患者さんの意思に任せるのではなく

技術次第でも解決可能と思うんです。

例えば

長崎県のあじさいネット

大分県のうすき石仏ネット

などのICTを活用した医療情報の共有化が進めば

かなりスマートに解決するのではないかと思うんです。

これらの技術は薬の情報も各薬局間で共有でき

さらに処方元の情報も手に入ります。

これならかかりつけにこだわる必要性などなくなるでしょうし

門前薬局も専門性を十分に活かせるのではないでしょうか。



と思って書いたらまさに同じような事がDIオンラインに書かれていましたね。。。

「先発完投」にこだわらない次世代のかかりつけ薬剤師とは

おっしゃる通りで

本当に先発完投である必要はないと思うんですよねえ。。。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

医療費ガン無視でヒルドイドを美容目的に使用し続ける理由



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   





美容には、何万円もする超高級クリームよりも、医療用医薬品「ヒルドイド」がいい――。
 ここ数年、女性誌やウェブに、こんな特集記事が続々と出る。保湿効果があるヒルドイドは、医師が必要だと判断した場合のみ処方されるが、雑誌には「娘に処方してもらったものを自分に塗ったらしっとり」といった体験談も載る。


高級美容クリームより処方薬 医療費増、乏しい危機感


医療用のヒルドイドを保険を使って美容目的に使うというニュースです。



この問題は

ヒルドイドの適正使用
ヒルドイドを要求する方のモラル
ヒルドイドを処方する医師
医療費無料化などの制度の問題


など問題は多岐にわたると考えますが

取りあえず

ヒルドイドを要求する方のモラル

をメインに見ていきたいと思います。



まずこの手の話題を目にするたびに思う事が

この様なケースは氷山の一角だろうということです。

そう思う理由はヒルドイドに限らず

薬を安く手に入れるには病院でもらうのが一番だから。

そしてさらに言えば

今回のヒルドイドを美容目的に保険を利用する人達に対して

「医療費のコスト意識・危機感を」

なんて言葉は1ミリも響くことはありません。



ではどうしてその様な方に医療費適正化の訴えが響かないのかと言えば

今の医療状況がこの先も永遠と続くと当たり前に思っているから・・・

という話し以前に

「安く貰えるものは貰っておけ」

という精神だからではないでしょうか。

仮にヒルドイドを例にとっても

今美容目的にヒルドイドを貰っている人が

わざわざOTC薬のヘパリン類似物質を購入する事はまずないでしょう。

もちろんヒルドイドと同成分の薬が市販で購入できるのを知らない人もいると思いますが

いざ市販で購入できることを知っても

HPクリーム(ヒルドイドと同成分)で言えば

定価で値段が60gで2000円以上しますから

もしヒルドイド60gの薬価の1422円を比べると圧倒的に安いです。

そしてもし子供が医療費助成などで自己負担額ゼロの場合は

これがタダになりますので

ある種の「賢い節約術」的な感覚を持っている可能性すら存分にあり得ます。




でも思うんです。

確かに今子供の診察に便乗して

ヒルドイドをタダでもらう事ができて得をしても

結果一番割を食らうのは間違いなく将来の自分達です。





最近のニュースでは

2016年度の医療費は前年度よりも1兆5000億増えて

42兆3600億となったそうです。

これは年々増加傾向であり今後も医療費の増大は大きな問題になるでしょう。

しかし今すぐに医療費が破綻することはありません。

中には「すでに医療費は破綻している」という意見もありますが

自己負担だけ見ると

もし来年から「医療費の自己負担割合が2割UP」とすると

選挙で勝てなくなってしまうため現実的には考えにくいでしょう。

するとあの手この手の表面的に目に見えづらい方法で

徐々に自己負担が重くなるように計算され

まさに

「今の医療状況がこの先も永遠と続く」

と錯覚させられてしまいます。


すると医療費が今すぐ実社会において影響を及ぼすことはありませんが

将来的に自分たちが高齢者になり

バリバリ医療の恩恵を受ける必要が出てくる年代。

そして自分の子供達が支える側に回った時

将来の自分の首を絞めているのはまさに自分達だと

ほんの少しでも意識する必要があると思うんです。




では実際問題にヒルドイドを多少多めに貰ったとして

果たしてどれだけこれだけ膨れ上がった医療費に影響があるか分かりません。

塵も積もれば山となるかもしれませんが

もしこれらの無駄遣いを是正しても

根本的な解決にならないかもしれません。

問題の本質は別のところにある可能性も高いでしょう。



ただこのような問題が表面化すると

今度は制度が「批難を受けにくい所」から変わっていきます。

例えば病院でもらう湿布も月に70枚制限ができましたが

これは必要以上に湿布を貰う事が問題視され適用になりました。

するとこれに似た事がヒルドイドでも起こる可能性もあります。

その結果

本当にヒルドイドが必要でも充分な量が処方されなくなったり

場合によっては子供の医療費助成にも影響がないとも言い切れません。



そして一度保険から外されたり制限がかかったりすると

それを解除するのはほぼ不可能ということを覚えておかなければならないでしょう。






・・・・・と、書いてきましたが

意識改革では何も変わることはないと思うので

結局制度が変わるしかないと考えます。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

調剤技術料と薬局機能に問題アリ!?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   



先日公表された

「調剤・薬剤費の費用構造や動向等に関する分析」

ですが、気になった項目等をざっと挙げていきたいと思います。

調剤・薬剤費の費用構造や動向等 に関する分析



<薬剤費 1,000 円当たりの技術料は、院外処方時に院内処方時の 3.3 倍必要>


院内調剤と院外調剤の報酬の差ですが

もし院外調剤のいわゆる調剤薬局の形が

そのまま院内調剤でも可能であるなら

つまりは薬剤師の関与が完全に担保されるのであれば

まだこの報酬の差が3.3倍というのはアリかもしれませんが

現実は事務員が無資格調剤だけでなく投薬まで行う所も少なくなく

また、複数の医療機関を受診する人も多いですが

薬の一元管理という観点からも時代の流れに逆行し

この議論は上辺だけをみた意味のない数字になります。

⇒院内調剤と院外調剤に点数の差があるのは当然



まあこの手の話しは「いつものこと」なので

薬剤師会もいいかげん対応をまとめて

中医協であれ内閣府であれ

この「いつものこと」に対応できる体制を整えて欲しいものです。


<2016 年度に「大型門前薬局」への基本料減額を導入したが、実効性に乏しい>

調剤基本料に関しての項目ですが

調剤基本料を施設基準によって5段階に分けたものであるが

あまり意味をなしてないという結論です。

簡単に言うと

調剤基本料1を算定できる薬局が多すぎる

という意味でしょう。


例えば調剤基本料3などは大手チェーンに向けての減算ですが

グループ全体の処方せん受付回数が40,000 回/月超であるが

・処方せん集中率95%
・特定の医療機関との間で不動産の賃貸取引がある

という付帯条件がついているため

実効性に乏しい規定が新設されただけ

とされています。

この点に関しては

最近では調剤チェーンの処方箋付け替え問題も生じてしまったため

集中率95%や不動産賃貸取引に関しては

より実効的なものになる議論が進むことでしょう。


ただ一方でこの様な報告もあります。

<門前薬局対策での調剤基本料の引き下げは論理的には逆効果>

この項目では

門前薬局を好ましくないとすることで基本料を引き下げることは、定率自己負担の利用者とすれば、より門前薬局を選好する誘因となっており、報酬設定の意図と論理的な帰結 に不整合が生じている面もある。

としています。

これは患者さんからすると

病院から近く値段も安いというメリットを与えることになりますので

結果逆効果になるというもの。

確かにその通りだと思うんですがこれは難しい問題ですよね。

あまりこの意見が取り入れられる気がしません。



まあ本音で言えば

医療費的には点数が低い薬局に集まる方が良かったりするのでしょうか。


いっそのこと調剤基本料は一本化して

患者さんの自己負担額の割合で調整するのもアリかと思いますが

それも難しいでしょう。


ただこの項目で前提とされている

基本料差は医療機関と保険薬局の立地関係によるものであり、利用者である患者の選択によるものではないことを踏まえると・・


と、ここまで言い切っている点には驚きです。


<調剤料は投薬日数の増加でも膨張する構造>

簡単に言えば処方の剤数や処方日数に応じて

調剤料の算定額が右肩上がりになる点を指摘しています。

確かにゴムで留めるだけで点数が増えるのは時代錯誤ともいえるでしょう。

ただこうして

「対物から対人へ」という名目の報酬減算ですが

正直一包化に関しては勘弁して欲しい所です。


一包化に関して言えば

昔よりも今の方が回数も複雑さも増しているでしょうし

ニーズも高まっていると思います。

確かに対物から人にシフトするのは良いことかもしれませんが

現状では対物業務も薬剤師が行わないといけないんですよねえ。






・・と、何となくざっと見た感想を書いたんですが

そもそもこの調査は

調剤・薬剤費の費用構造や動向等に関する分析

としながら

分析というよりも大分偏った主観的なものが入っている気がするんですよねえ。。。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示