そもそも薬局は必要ですか?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   






敷地内薬局に関して

様々な意見を目にします。


・処方箋料は廃止すべき
・調剤報酬の点数を下げるべき
・点数はそのままで自己負担だけ増やすべき
・薬剤師会の入会を拒否するべき


また、中には敷地内薬局もアリでは?

という意見もありました。

そして自分も敷地内薬局について書いた時に


「24時間体制を敷地内薬局が対応してはどうか」


という意見をツイッター上で貰ったんですが

個人的にはアリだと思います。

むしろすでに敷地内薬局は決まっているのでぜひ行って欲しい。


と言うのも

いくら健康サポート薬局が普及したとしても

全国のあちこちで24時間体制にするメリットは乏しく

はっきり言って労力の無駄遣い。

一方で敷地内に誘致している公的病院などは

救急を行っている所が多いので

そことの親和性は非常に高いのではないでしょうか。

そうすれば多少は存在意義を見いだせるのかなあと。

あと、昼間は寝ててもらえればいいと思います。



まあそんな色んな意見がある敷地内薬局ですが

最近公表された医療費のニュース

厚生労働省は13日、2015年度の医療費(概算)の総額が、前年度比約1・5兆円増の41・5兆円になったと発表した
医療費最高41・5兆円…高齢化や薬剤費急増で


医療費が過去最高となったようです。


そしてこれを見て改めて思ったんですが


薬局をこれ以上無駄に増やす必要ってあります?


特に敷地内薬局なんて「薬局の数」として不要だと思うんです。


さんざん「薬剤師不足だ」などと言っておきながら

すでに門前薬局として少なくとも医薬分業の体裁は整っている中に

新たに薬局を追加するのってどう考えても無駄です。



きっと今年も


調剤が伸びている

薬局が関係している

薬局が悪い



という恒例のバッシングに結び付けられ

門前薬局の構図がやり玉に挙げられると思うんですが

敷地内薬局を作り

より一層薬局を一か所に乱立させるというのは

火に油を注ぐ行為以外の何者でもない気がします。



患者さんや一般の人から見れば

あの門前薬局が立ち並ぶ異様な光景に

さらに追加で薬局が増えるって

絶対良い印象は持たないでしょう。

むしろ

「やっぱり薬局って儲かるのね」

くらいの印象しか持ちませんし

世論を敵に回す事にもなります。


それはつまり再来年の診療報酬改定で

自ら不利になる様に動いている様なもの。


薬局をいかに減らすかという議論がなされている中で

無駄に薬局作ってどうすんのっていう話しです。



話しが少しズレますが

今度薬学部ができる

山口県薬剤師会の会長はこんなアホな事を言っています。

「長年の悲願がようやく叶った。少し先の話だが、実務実習を受け入れる薬局を大幅に増やす必要があるので、今から準備を進めていきたい」

開いた口がふさがりません。


再度言いますが

正直これ以上無駄な薬局を増やす必要はないと思います。


こうやって調剤費の伸びが著しく伸びたのも

薬局の数が質を伴う事なく急激に伸びた事が

そもそもの原因のひとつでしょう。


その事には目を背け

さらに無駄に薬局を作っておまけに薬剤師不足と叫ぶ。

これはもはや自業自得としか言えません。


そりゃあ薬局不要論が一部で言われるのも仕方ないと思います。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示