薬剤師の調剤行為は誰でもできる。今すぐ手放すべき。



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   






昨年平成27年6月25日に

厚生労働省医薬食品局総務課より

以下の様な通知が出されました。


今般、薬局において、薬剤師以外の者が軟膏剤の混合を行っていた事案が明 らかとなりましたが、当該事案を含め、少なくともこうした軟膏剤、水剤、散 剤等の医薬品を薬剤師以外の者が直接計量、混合する行為は、たとえ薬剤師に よる途中の確認行為があったとしても同条への違反に該当するとともに、医薬 品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和 35 年法 律第 145 号)第8条(管理者の義務)、第9条(薬局開設者の遵守事項)等への 違反につながる行為であり、薬局に対する国民からの信頼を大きく損ねるという点でも大変遺憾です


簡単に言えば

薬剤師以外は調剤を一切認めません。

薬剤師免許を持たない者は、いくら薬剤師の監視の下で調剤しても

それは法律に反する事になります。

いいか。絶対したらダメだぞ。

という通知です。


確かに現状では

厚労省の見解では無資格調剤を一切認めておらず

勝手に現場で事務員に調剤をやらせるというのは

よろしくありませんが

これってかなり時代錯誤だと思うんです。




「薬剤師は薬を袋に詰めているだけだ」

という軽率な批判をこれまで多く目にしてきました。

そしてその都度

「薬剤師は薬を渡しているだけではない」
「飲み合わせや副作用の確認などを行っている」

という説明を永遠と繰り返していますが

それは服薬指導の場の話しであって

少なくとも一般的に薬をそろえる行為自体は

正直だれでもできます。

むしろ薬剤師にしかできない理由が見当たりません。


何年・年十年薬剤師をやっても調剤ミスを繰り返す薬剤師もいれば

おそらく薬剤師よりも正確に調剤できる一般の人も山ほどいるでしょう。

処方箋の読み方なんて全く難しくありません。

実習で真っ先にピッキングをやらされるのも

誰でもできるからなんですね。



そもそも薬剤師が必要な調剤行為というのは

「調剤する上での必要な判断」

の事で

例えば配合変化や混合の順番、一包化の可否など

その調剤自体の是非を判断するのが重要であり

調剤行為自体を担う必要はありません。


ただこんな事を言うと必ず言われるのが

「薬剤師の職能を狭める事になる」

という反論ですが

確かに昔は調剤というのが今ほど便利に設計されておらず

機械もほとんどありませんでしたから

薬剤師の知識ありきで調剤する事の意義

つまりは薬剤師の職能としての大義はあったと思います。


しかし今の時代

薬自体に関しても多くの工夫を凝らされ

また自動化の技術が進歩し調剤はかなり楽な時代になりました。

そこに薬剤師の職能を求めているなんて

客観的に見れば、ただの既得権益。

むしろ薬剤師は職能が狭まる事にだけ固執した結果

広げる事に力を入れて来なかった事を反省した方が良いでしょう。




ただ薬剤師以外が調剤した場合

責任の所在に関しては避ける事が出来ない問題。


薬剤師が適切な指示を行ったが

調剤した者が誤って調剤してしまい

しかもその誤りが監査では発見できないレベルで

結果患者さんに何らかの健康被害が生じてしまった場合。


実際に米国ではテクニシャンの過誤で死亡事故が起こり

テクニシャンは無罪で

薬剤師のみが有罪判決を受けた事例もありました。


特に日本において

薬剤師以外の調剤が可能になった場合には

大量の処方箋が薬剤師以外によって調剤される事になり

果たしてその際全ての調剤行為の監視を行えるのかという疑問もあります。



では薬剤師以外の調剤行為

つまりはテクニシャンになるかと思いますが

テクニシャン導入に関して賛成かと言われれば

話しの流れをぶった切って申し訳ありませんが


個人的に軽率なテクニシャン導入には断固反対の立場です。



理由はまた後日書くとして

少なくとも現時点でテクニシャンが導入されたとしても

「余裕ができた時間をよりきめ細かい服薬指導に回せる」

「薬剤師の負担を軽減させる」

何て言うのは完全に絵に描いた餅だと思うからです。



ただそうなると

「あんたは何が言いたくでこの話しを始めたの??」

という事になりますが

まずテクニシャンという制度をわざわざ作らなくても

完全に調剤の補助業務として存在すればいいと思うんです。



例えば調剤行為に関して言えば

調剤業務「全般」を担う必要はないと考えます。

むしろかなり補助的な部分だけを担うようにしたらいい。

どうもテクニシャン導入イコール

調剤業務はほぼテクニシャンが担う

という印象を受けがちですが

別に0か100の話しではなくて良いと思うんです。

あくまでも調剤の補助的な位置づけ。


具体的には

監査しても発見できない可能性のある調剤に関しては

薬剤師が責任を持って行えばいいだけの話しで

簡単なピッキングや軟膏を充填するなどのレベルで

薬剤師以外に調剤をしてもらえばいいと思います。

何も全ての調剤行為を薬剤師にとって代わる必要なんてないわけです。

これを下手に全部やらせようとしてしまうため

責任の所在の問題になったり

テクニシャン導入のための育成に時間を要する

なんていう議論が始まってしまうのです。



それに薬剤師以外の調剤行為を認めれば

全国で行われている無資格調剤の方々を守る事にもつながります。

「違反と知りながら拒否できる立場ではない」

と無資格調剤を行っている方は決して少なくありません。

その様な方を守るためにも現状を野放しにしてはいけないと思います。






もちろんどの分野にも

その資格がない人でもできる業務は多々あります。

薬剤師に限った話しではありません。


ただ、人手不足を主張する薬剤師業界において

職能が狭まるという理由で無資格調剤を反対し

かたや無資格調剤が全国で行われている現状がある。

さらに一部では

「薬剤師不足のために薬学部新設を」

なんて言う思考回路は頭が狂っているとしか思えません。


そんな悪循環になるんだったら

薬剤師以外の調剤行為を認めて

この流れを断ち切るべきではないでしょうか。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

もう職域を広げるという議論をするのは手遅れだと思います。

それをするには日本の薬剤師は増えすぎてしまいました。

調剤報酬をいかにして守るかという議論からはもう脱却できないと感じています。

意識の高い先生方は薬剤師会を無能だと罵ってますが薬剤師会か薬剤師の生活を守ってくれているのも事実です。

薬剤師の職域の拡大は大勢の薬剤師を路頭に迷わせてまでするようなことなのですかね?

6年制の薬剤師や薬学生には本当に気の毒なことですけど…









異邦人

難しい問題です
自分の薬局では事務が錠剤のピッキングをやることがありますが通知がでてからはほとんどやってません

以前 事務などのピッキングは機械と同じと弁護士さんが言っていました
薬剤師が機械を使う
薬剤師が事務を使う

過誤は薬剤師の責任

薬を取り揃えてからの間違い探し【鑑査】をするというところが
ストレスなくできるようになればいいのですが
なかなか難しいです
テクニシャンを導入すると間違いがへるのなら意味はあるかもしれませんが
安価な労働力として雇用者は推進したいのかと思います



全くその通り

私が高校生の頃、事務や准看護師が実際やっていました。
夏休みのお手伝いで私自身がやったこともあります。
最終的には医師や薬剤師が確認しますが、集中力のある人ならできると思います。
大学時代から『調剤監査義務』ではなく、『調剤権』という表現に違和感を感じていました。
職域を広げるためというのは全く錦の御旗であり、薬剤師会の政治力を高めるためであると考えます。(医師会や看護協会のあり方がそうですから)
調剤薬局の存在さえ疑問に思っています。
カルテから遠く離れて、服薬指導だけでどれだけのことが分かるのでしょうか?
何回訪問すれば、ご本人の状況が分かるのでしょうか?
電子カルテを普及させて経済効果を狙うのでしょうか?
病院にいるからこそ、看護師や介護士、リハビリやご家族との意思疎通ができ、多職種連携ができて行くものと考えます。
『テクニシャン』というのも資格ビジネスの一環ではないかと思います。
新たな資格を位置づけることによって、規制が増え、医療の経費や負担が増えるだけで、現場はますます困難になる気がします。
自動分包機も普及しつつあり、一包化の監査ができる機器もでき始めている昨今です。
そこそこ能力のある薬剤師に単純作業をやらせている現状は人的資源の無駄遣いとしか思えません。
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示