医療用のやせ薬は合法だから問題ないのか?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   



マジンドール


肥満治療に使われる向精神薬を「やせ薬」として中国人に大量に密売したとして、九州厚生局麻薬取締部は、福岡県大野城市の「あおぞら薬局」経営の薬剤師加藤聡容疑者(43)=同県太宰府市=を麻薬特例法違反などの疑いで逮捕・追送検し、24日発表した。「金もうけのためだった」と供述しているという。
向精神薬を「やせ薬」として大量密売 容疑の薬剤師逮捕




薬があまりにも結果にコミットしてしまうため

それに目を付けたブローカーと

それをサポートした薬局の経営者が起こした問題。

特に語る事もなく薬局が悪いです。



それにしても

最近の薬局の事件は

何と言うか、捨て身覚悟とも思える様な事件が多い印象。

もちろん公になるくらい大胆な事をするため

結果世間の目にさらされているのはあるかと思いますが

例えば自分で高額な薬を処方してもらい

レセプト請求だけして

診療報酬支払だけを受け取るような薬局。

しかも漢方を65年分や

1錠1300円を560錠処方するなど

そりゃあバレるでしょ

というものが多い気がします。


事件ではないですけど

ついこの前起きた薬歴未記載で業務停止になった薬局も

あれだけ警告を受けていたのであれば

どうにでも対処できたはず。



そして今回の転売する薬局に関しても

昨年4月から10月にかけて約2万錠を密売していたわけですから

これだけ売れればメーカーが

「どうも、いつもマジンドールがお世話になっております」

とあいさつに来るレベル。

卸の方も薬局が分散させて発注していたとは思いますが

さすがにおかしいと気付くレベルでしょう。

本気でバレないと思ってやっているのであれば

逆に心配してしまうぐらいの話しです。





そして今日見たニュースですが

中国人観光客向けに処方箋が必要な医療用医薬品を横流ししたとして、警視庁が、医薬品卸売会社「美健ファーマシー」(東京都千代田区)の社長や医師の男ら計4人を、医薬品医療機器法違反容疑で逮捕したことが、捜査関係者への取材でわかった。

中国人に処方箋薬を横流し容疑、業者・医師逮捕

卸会社2名と仲介人と中国人ブローカーと病院の医師が関わって

処方箋薬を横流ししていたというニュースなんですが

こちらは薬局とは違い

医師・卸・ブローカーと手を組んでいたとしても

やっぱりバレてしまうんですね。


今さら言う事でもありませんが犯罪行為は止めましょう。




ただ個人的には

「法を犯していなければ問題ないのか」

という事が気になります。



実際に今回密売された薬も

医療用という側面よりも

「ダイエットのためのサプリメント」的な側面の方が大きいのが現状。


しかし薬としては

厚労省認可の薬であり品質の担保もされ

保険適用外の自由診療であり保険は使われない。
(基準の下、過度の肥満症と診断されない限り)

1錠500~1000円と言われる薬を実費で支払っている。

そして患者さん側も自分で選んで

薬を処方されやすい美容系のクリニックや病院を受診している。

これらはもちろん犯罪行為ではないわけで

患者さんもある意味自己責任で行っている事です。


もちろん中には精神系の薬の副作用により体重が増えてしまい

薬を減らしたい為に過食を抑える目的などで使用する方もいる事でしょう。


じゃあ何も問題ないんじゃないの?

という意見もあるかもしれませんが

果たしてそれでいいのでしょうか?


もはや一部では

「薬を飲めば誰でも簡単に痩せれる」

という話しだけが一人歩きしてしまい

それを良い事に、一般の方も利用しやすいようにハードルを下げ

自分達の利益を第一に考えて

本来処方すべきでない人にまで向精神薬を処方する行為がある以上

守るべき最優先は美容以前に医療としてのモラルだと思います。

健康は言うまでもありません。


もちろん「痩せる」などと言った外見でのコンプレックスというのは

第三者が思っている以上に

当事者からするとそれこそ健康以上の悩みであるかもしれません。

「多少身体を悪くするぐらいならば薬でも何でも使って痩せた方がまし」

という人も決して少なくないと思います。


ただ今回問題となった薬などは向精神薬にも指定され

本来ならばBMIが35%以上という

言葉は悪いかもしれませんが、日常生活を普通に過ごしている中で

そう簡単に達する事のできないレベルの肥満に適応されるべき薬であって

痩せるための手段としては

本当に最後の砦ぐらいの感覚であるべき薬。

「少しでも痩せて見栄えを」という次元の薬じゃないはずです。




そして合法ならば問題ないのかという話しに関して言えば

中国人観光客に対する医薬品の爆買いも問題だと思います。

処方箋薬は当然いけないがOTCならば

お菓子や化粧品と同様に大量購入させてもいいのかと言えば

決してそんなことはなく

こちらもまた利益追求型ではあってはならないと思います。


そもそも毎年厚労省は

「医薬品販売制度実態把握調査」という名目で

OTC販売に関して正しく法令遵守されているかの調査を行っていますが

これ、爆買いの中国人に関してはどう思っているんでしょうか。



そもそも個人的には

インバウンドには賛成派なので本当は喜ばしい事なんですが

それとこれとは話が別です。


現場ではどうなっているんでしょうね、ツ○ハさん。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示