ジェネリックの普及はやる気ではない。制度である。



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   



最近ちらほら各地方自治体と薬局が一丸となって

ジェネリックの普及に取り組んでいますが

個人的には全く賛成できたものではありません。



例えば最近あったニュースで神奈川県横須賀市の取り組みを紹介します。

神奈川県横須賀市は、市民に後発品の利用を促すため、「ジェネリック医薬品推奨薬局制度」を導入する。
後発品の説明を分かりやすく行うよう努めたり、200品目程度を備蓄するなど、一定の機能を持った市内の薬局を推奨店として認定するもので、県内初の取り組みとなる。

後発品促進へ、推奨薬局制度を導入‐96薬局認定



確かに薬局と市がタッグを組むというのは

ジェネリックの普及において何だか効果を得られそうですが

一番大切な事は薬局と市の間柄をより密接にする事ではありません。

実際それで得られる効果は大した事ないと思います。




と言うのも

結局やる気のある薬局は勝手にジェネリックの普及に努めるし

そもそも

薬局はこれまでジェネリックの普及をさぼってきたわけでもなく

むしろ第一線で在庫を抱えながらも促進してきた立場にあると思います。




ですから今回の横須賀市の様に

例えばジェネリックを分かりやすく患者さんに伝えたり

品目数が200品目程度あったりする薬局を市が認定して

その結果

横須賀市


という様な意味の分からないのぼりやステッカーを作った所で

反応するのは患者さんではなく薬局間だけでしょう。



これならばまだ店頭にでかでかと

「当薬局はジェネリックを200品目扱っています」

などと書いてあった方がまし。

他の薬局との差別化にもなりますが

こんなのぼりを薬局内の卓上に設置しても何の意味もありません。




そもそもこれに乗っかってくる薬局は

もともと後発品体制加算ありきの薬局。

後発品体制加算なんてどうでもいい薬局からすれば

市が勝手に「ジェネリック医薬品推奨薬局制度」を作った所で

何のインセティブにもなりません。



では、患者さん目線で考えても

わざわざこのステッカーやのぼりを目指して
(のぼりは薬局内です)

薬局を探すかと言えばそんな事もないでしょう。


今のこの時代になぜこんな事に無駄なお金を使うのでしょうか?


まあ神奈川県jはお金があるんでしょうけど。


ただ、これは横須賀市に限らず

至る所で「ジェネリックを使いましょう」という広告を目にします。


もしジェネリックの普及が10%台で

「今後50%を目指す!」と言うのであれば

「ジェネリックって何?」という事から広く周知する必要があるでしょう。


しかし今の時点でジェネリックの使用は56.2%です。
(H27年9月厚労省調査)

もはやジェネリックって何?という事から

どうやってジェネリックを使用してもらうか

という時期に来ていると思います。

18年度か20年度末までの間のなるべく早い時期に80%以上

という目標がありますからね。


そうなると一番大切な事はやる気ではありません。

制度の問題それだけです。



例えば

後発品のシェアが悪い薬局はペナルティを課したり

一般名処方加算2という処方箋の中に1つでも一般名処方があれば

2点もらえるという愚策を即刻廃止したり

医師による先発or後発の権利を患者さんに与えたり

自己負担金の無い人は無条件にジェネリックにしたりと

やる気云々ではなく制度を変える事だけで

かなりジェネリックの普及は進むと思います。


そもそも医療費を抑制するためにジェネリックの使用促進を訴えているのに

医療費ではありませんが決して余裕があるとも言えない地方自治体が

ジェネリック促進にお金を費やす事自体おかしな話しで

さっさと医師会の顔色を窺う事なく制度を変えていく必要性があります。



少なくともこのままではいくら国民や医療従事者の意識が上がった所で

ジェネリックシェア80%なんて夢のまた夢でしょう。




話しを横須賀市に戻しますが

推奨薬局になるための認定には以下の事を満たす必要があるそうです。


(1)ジェネリック医薬品について分かりやすく説明すること

(2)可能な限りジェネリック医薬品を推奨すること(医師がジェネリック医薬品への変更を不可としている場合を除く)

(3)ジェネリック医薬品の備蓄品目数の拡大に努めること

(4)市から提供する推奨薬局のステッカーや卓上ミニのぼりを店内等に設置すること

(5)その他、市に協力してジェネリック医薬品の普及を積極的に進めること



うーん、薬局外の方が考えた案というのが良く分かります。


ただ、実は健康サポート薬局になれない薬局の偉い人が

患者さんが健康サポート薬局と間違ってくれるように

何だかそれっぽいのを制度がスタートする前に作るという

カモフラージュのためでは??

と一瞬思いましたがそれならば黒幕は大したものです。




まあ99%ないでしょうが。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示