大手調剤薬局は教育体制がしっかりしているというデメリット



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   






大手のメリットとして必ず挙げられるのが

教育体制がしっかりしているというもの。


研修や勉強会などが定期的に開催され

薬剤師としてのスキルアップに繋がると

どの薬剤師転職サイトにももれなく書かれています。



もちろん勉強する事自体には何の文句もない話しなんですが

それ目的で大手に就職するのはどうかと思ったりもします。





例えば、国家試験で問われる知識と

現場で必要とされている知識の乖離はどうしても起きてしまう。

だからその差を縮めるためにも大手での教育は必要である。

という意見も分からなくはないのですが

そもそも薬剤師が6年制になった意味というのは 

建前上「即戦力」の薬剤師を育てるための意味合いが大きく

その為に実習期間を引き延ばしてまで6年制としたわけです。


それなのに「教育体制がしっかりしているから大手」というのは

だったら薬学部4年制でもよかったのでは?と思ってしまうんです。

(個人的には今の6年制の実習時期に関しては改める必要があると思っています)



それに大手のそれって

「勉強する機会が与えられる」

ならばまだしも

「勉強させられる」わけです。



曲がりなりにも薬剤師は薬のプロなわけですから

環境を与えてもらわなくても自己研鑽をするのは当然で

それをこのご時世、いろんな方法で情報を入手できる中で

「勉強を大人になっても強いられないとやらない」
「勉強のための環境がない」

なんていう事自体がかなり問題だと思います。

中学生じゃないんだから。


もちろん

「与えられた環境で、何となく参加して勉強している気になる」

それを良しとする人もいる事でしょう。


しかしそもそも大人になってまで与えられて勉強するって

苦痛意外の何者でもない

と思うんですがどうなんですかね?


本当に頭に入るのでしょうか??


自分だったら初めから終わりまで

「早く終われ」としか考えていませんね。

もちろん終わった後の達成感は人並みに得ますけどね。




100歩譲って

「世の中に情報が出回っていない新薬に関する勉強会」

とかならばいいと思いますが

あくまで自己研鑽の場として強制的にやらされるのは

せっかく6年間も大学に行って勉強してきたのに

就活する薬学生は少し考えた方が良いですよ。

どうせ辞めるんだし。



ただ本気で勉強するため「だけ」に大手と考えているのであれば

そもそもの選択肢として絶対止めた方が良いです。


どうせならば薬剤師レジデントになったり

大手企業(調剤やドラッグストア以外)に就職した方が

間違いなく勉強になります。


そして逆に人が足りていない様な所の方が

あれこれと身をもって体験して学んでいく事になるので

実は一番勉強になったりもします。


また、しっかり講演などオフラインで勉強したいという方は

日本の薬剤師を代表する組織で

政治的には全く役に立たない組織ですが

勉強会だけは定期的に開催している所がありますから

そこに入会して勉強するのもアリです。

実質勉強会のために会費を払う事になるようなものなので

多少ぼったくりとも言える値段に思われるかもしれませんが

とりあえず勉強会はたくさんあります。




ついでにもう1つ話をしますと

大手はキャリアアップがしっかりしていると言われます。

さらに管理者になれば責任感も出て変わると。


確かに大手は管理者になるまでの年数は早く

管理薬剤師として薬局を任されれば必要な知識は身に付くでしょう。

しかし根本的な薬や病気の知識などに関しては完全にその人しだい。

いくら環境が変わった所でやる気がない人間はそう簡単に変わりません。

当たり前の話です。

「とうとう自分も管理薬剤師になった」

という達成感(?)と共に

メーカーさんや卸さんからの対応は少しは変わるかもしれませんが

肩書だけで中身が変わるのであれば苦労はしません。


数だけで言ったら管理薬剤師はコンビニ店長よりも多いです。





それに数々の仕事がシステム化してスマートになっているのは大手の利点ですが

逆に何の整備の整っていない所に転職した時の煩わしさというのも考えなければなりません。

大手と言えども全体の3分の1もない業界なので

大手基準だと逆に困る面も多いでしょう。





ただあえて大手をお勧めするのは薬学生の実習です。

やはり教育体制がしっかりしているという事なので

薬学生の実習に関してもしっかり教育してくれるでしょう。
(という勝手なイメージ)


さらに大手からしてみれば薬学部の学生は

青田買いにもなる訳なので

そこまでぞんざいな扱いも受けないのでは?と思っています。

まあ現場の人間に嫌われたらおしまいだとは思いますが。


あと死ぬまで大手一本、骨を埋める覚悟でいくという人ならばいいでしょうね。

着実にキャリアアップしていってください。

ただせっかくどこでも働けるという薬剤師にとっての

最大にして最高のメリットを破棄するのもいかがなものかと思いますが。

そんな人に限って

「仕事辞めたいけど辞めれないどうしよう」

と鬱になったりしますからね。

どうせ骨を埋める覚悟があるならば公務員の方がいいでしょう。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

医薬分業開闢からその無能さを晒し続けてきた日本薬剤師会にもはや期待するものもあるまいて
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示