健康サポート薬局は金にならないから止めといた方が良いよ。



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   


薬局


健康サポート薬局 Q&A(制度関連)


こちらは健康サポート薬局に関する薬剤師会が出したQ&Aなんですが

その中の問14に

「健康サポート薬局と調剤報酬はどのような関係なのか」

という質問に対し

関係ありません

ときっぱり答えています。


「健康サポート薬局」は、医薬品医療機器法において位置付けられているも のです。一方、調剤報酬点数表の「かかりつけ薬剤師指導料」「かかりつけ薬剤 師包括管理料」は健康保険法の規定に基づくものであり、「かかりつけ薬剤師・ 薬局」の推進を評価した項目として設けられています。


という事らしいです。



よって調剤報酬を目的として

やりたくもない研修に参加しなければと考えている方は

参加しない方がいいです。

参加者が殺到して困っているみたいですし。





ただ、そうは言っても

「健康サポート薬局の評価はなし」

というのはないと思うんですよねえ。


調剤報酬とは無関係と言えども

形を変えて影響はあると思います。


実際に2016年度の診療報酬改定により

基準調剤加算はかなり健康サポート薬局を意識したものになり

かかりつけ薬剤師指導料の設備基準においても

「それ、かかりつけ薬剤師と何が関係あるんですか?」

というものも多々含まれている事から

いくらでも無関係と言いつつ、ねじ込ませる事は可能だと思うんです。


ただそうなると

右肩下がりの診療報酬において

報酬と無関係と言われながらも

ある程度くらいついていくしかないのも事実。


しかしそうやって、注文の多い料理店じゃないですけど

あれこれ言われた事を受け身でこなしていくだけでは

いつか自分達の身を亡ぼすことになると思います。



そして大手など体力のある薬局が

コトの本質は完全に二の次で

ただ点数を取る事を最優先課題として仕事をするのが現状。


おまけに健康サポート薬局に準ずるような薬局が評価され

その他の薬局は尻に火がつくような改定になってくるでしょう。



これはもう薬局の役割をきっぱり2分した方が良いと思うんです。





日本薬剤師会は全部の薬局が健康サポート薬局を目指すとは言っていません。

今の所1万5000件を当面の目標としています。


しかしこれは将来的になるべく多くの薬局を

健康サポート薬局にしていくと言う見方もできます。

むしろその側面は大きいと感じています。


そしてそれに従わない場合は評価を下げていくでしょう。


しかし「1人薬剤師」の薬局だったり

「薬剤師2人いるけど1人はパート」のような薬局においては

健康サポート薬局のような形はどう転んでも不可能。

「やってみよう。チャレンジしてみよう」

というキレイごとではありません。無理なんです。

そもそもベースがそう言う風に作られていません。

急に制度だけ変わって

「付いてきてね」

と言われても無理な話です。

平日ずっと開局して、土日もどちらか開けて

さらに合間に在宅しろって無理ですよ。



これならばもう早めに薬局をきっぱり2分化して

各々で評価する仕組みを行った方が良いと思うんです。

つまり個人の薬局とチェーンの薬局は同じ方向を目指す必要はないと考えます。




このままだと日本中のほとんどの

大手以外の薬局がジリ貧状態。

座して死ぬ事になるでしょう。



こうなる事の問題点のひとつとして

薬剤師会の不甲斐なさがあります。



「健康サポート薬局はベストな薬局」

として担いでいる薬剤師会のお偉い方も

出身は個人の薬局の方が多いと思います。

薬局経営と理事の同時進行の方もいらっしゃるでしょう。


確かに薬剤師会のお偉い方々は

残りの薬剤師人生を考えると

現場の事に関してあえて攻める必要はないのかもしれません。


しかし、このままだとそう遠くない未来に

自分達が築いてきたものがなくなるかもしれないんです。


そんな自分たちの古巣が無くなるのを

与えられた制度に異を唱える事もなく尻尾を振り

自分たちを支える会員からお金を徴収するだけのような

無様な姿をさらしてもいいのでしょうか。




薬剤師会のホームページを見れば

「健康サポート薬局(研修)はこちら」

って、のんきなもんです。


ぜひ将来のための薬剤師を守るような活動をお願いします。


なにも薬局の収入を維持するためにもっと頑張れ

と言っているのではありません。

もっと薬剤師を代弁する組織としてしっかり意思表示して欲しんです。



ここ数年、薬剤師目線で薬剤師会を評価できるような事は

残念ながら震災を除いて個人的な記憶に残っていないんですよね。

何かにつけて言われるまま。


ただ、折に触れて

「誠に遺憾である」

としか発現しないトップだけは、はっきり記憶に残っています。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

俺の言いたいことが全部書いてあった。
あなたは俺かと言いたい。
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示