薬歴未記載問題がパワーアップして帰ってきた。



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   







九州厚生局宮崎事務所は29日、調剤報酬約40万円を不正請求したとして、串間市西方の「はまゆう薬局」の保険薬局の指定と、保険薬剤師の登録を28日付で取り消したと発表した。

保険指定取り消し 串間の薬局 /宮崎


昨年薬歴未記載問題が明るみになりましたが

以降目立った報道はなく

久しぶりに薬歴未記載のニュースを見ました。


薬歴未記載問題はどの薬局でも常習化している事で

報道されたのは氷山の一角。

おそらく今後も報道は続くと思っていましたが

薬剤師会を始め3団体が自主点検を行い

81.2万件の未記載が発覚してからはあまり報道を見なくなりました。



そして今回のニュースも

前回の大規模なスクープ記事とした朝日新聞ではなく

毎日新聞が報じている、しかも薬局1件だけで

額として40万円というのを見ても

「薬歴未記載報道また始まった!?」

という印象よりもむしろ

「事態は収束しているのかなあ」

という印象を受けました。


ただ根本的に昨年の薬歴未記載問題と違うのは



保険薬局の指定と、保険薬剤師の登録の取り消し。


が行われた事です。



昨年起きた薬歴未記載問題で

ツルハHDでは

不正請求分を返金して社長が辞任するという事に加え

薬局を10店舗閉鎖するという事で決着がつきましたが

未記載数41万件、金額にして1億7000万円分と発覚したのに

かなり「甘い」処分だったと思っています。


社長の辞任なんかは個人的にどうでもいい話し。

不正受給の返金などもどう考えても当たり前の話しでしょう。


そして当時も支払い側からは

「保険薬局の取り消しも」という処罰を主張していたみたいですが

結局ツルハHDの薬局は今日も薬歴を書いてお金を頂戴しているわけです。


ただ今回ニュースになった薬局は

保険薬局取り消しに加え

保険薬剤師の取り消しです。

不正受給は金額にして40万円です。


金額の多寡で言えばツルハHDに比べてかなり

というかめちゃくちゃ重い処罰です。


もしこの薬局が

あれだけ問題視された薬歴未記載問題を無視して

それでも不正受給を行っていたならばともかく

今回この薬局が未記載で不正受給を行った時期は

2014年4月から15年3月」との事。


薬剤師会を始めとした団体が自主点検の結果を公表したのが

「2014年1~12月の1年間で81万件の未記載」

という事ですから

今回処罰を受けた薬局だけ厳しい処分を受けています。

何か他にもやらかしたのでしょうか?


もちろんこの薬局を擁護する気はありませんし

「不正請求をしないと、(薬局で購入する)薬代が払えなかった」

なんていうジョークまで飛ばす暇があれば

黙って薬歴書こうねという話しになるんですが

じゃあツルハHDやイオン系

そして自主点検で薬歴未記載が発覚した薬局はどうなの?

という話しになります。





そして今回の件で発覚した恐ろしい事は

薬歴未記載発覚=レッドカードと

有無を言わせず切られる事になるかもしれない可能性が出てきた事です。






薬歴未記載問題は最強のカードを持って返ってきました。


すごく当たり前の事ですが

薬歴は必ずしっかり書きましょう。


※追記
どうやらこの薬局は未記載の前にも色々指導を受けていたみたいですね。

逆にさんざん指導された後のレッドカードなので

むしろやはり甘々なのは変わらないみたいです。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

恐らく厚生労働省職員はツルハから賄賂でももらったんでしょう

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示