薬局・病院間での疑義照会不要の珍しいケース



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   


岐阜県の羽島市民病院(281床)は、薬局薬剤師からの疑義照会のうち一部の項目について、病院薬剤師が医師に改めて問い合わせることなく回答できるようプロトコールを策定し、昨年12月から運用を開始した。同院では薬剤部が疑義照会の受付窓口となって医師に連絡をとり、薬局薬剤師に回答している。

疑義照会、薬剤部が回答代行‐医師への連絡省略で事前合意



疑義照会不要


薬局と病院間での取り決めを行い

頻繁に疑義照会が行わる可能性が高いものを

事前に合意書を交わし

疑義照会不要にしたケースは過去にもありました。



例えば漢方の食後服用で処方がされていた場合

薬局と病院間での合意書があれば

薬局で食前に変更できたりするものです。


そして今回記事になった岐阜県羽島市民病院では

同様に合意書を交わして疑義をショートカットするものなのですが

変わっているのが


薬局⇔医師の合意書ではなく

薬局⇔薬剤部⇔医師

という形で

「病院の薬剤部と医師の合意書」

を作成するといった珍しいケースなんです。



もちろん

これだと薬局は

電話やFAXで疑義紹介をしなければならず

結果時間は多少かかってしまいますが

疑義の内容によっては大きくショートカットできます。


また、病院が出す処方箋は

どの薬局に持っていかれるか分からないわけで

個別に薬局‐病院間での取り決めだと限界がありますが

これならばたとえ離れた薬局でも関係なく

薬局‐病院間の合意書も必要ありません。



googleMAPで見たところ

門前薬局らしい薬局は3件だったので

1日に平均約400枚も処方箋が院外に出されるのであれば

結構広く処方箋が分散する可能性もあります。



それに個別の合意書だと

合意書に賛同しない薬局も出てきますからね。


用法、投与日数、一包化に関する3項目しか省略できないのも

下手に権限を持たせ過ぎないという意味もあるのかもしれません。



そしてこれは薬局がお願いしてどうこうというよりも

一番の負担はもちろん病院の薬剤部の方々によるもので

院内の仕事もある中で

1日院外処方が平均約400枚という事もあり

結構な負担です。


実際に疑義が2週間で136件と82件あったみたいなので

結構な医師・薬剤師の足止めにもなった事でしょう。


記事を読む限り

もともと薬局からの疑義は

基本的に病院の薬剤部に行くような形みたいですが

病院の医師も薬剤師も薬局も

全てにメリットがあるように働きかけてくれた

羽島市民病院の薬剤部の方には頭が下がります。



そして毎回毎回同じような内容で疑義してくる事を

同じ薬剤師の立場として仕方ないと分かっていながらも

正直どうにかしてくれと思っていた事でしょう。





もしこれから疑義不要の合意書を検討し

薬剤部が回答代行するような病院の場合には

病院の薬剤部の負担も軽減するために

従来の疑義不要のケースと今回の回答代行のハイブリットも

アリだと思います。


例えば門前薬局などには

医師と薬局間で直接疑義不要の合意書を作成し

それ以外の所は病院の薬剤部が代行して回答する。


そうすると病院の薬剤部への負担も軽減できるのではと思います。




ただこういった疑義照会を不要とする取り組みは

ただでさえ対人業務を重視しようとする昨今の薬局において

大変ありがたいものであり

むしろこのような取り決めや設備投資を行っていかないと

とても対人業務に時間を割くことはできないですが

薬局だけの力だけではどうにもならないのも事実です。


ただ実際に疑義省略化の取り組みは

着々と広がりつつあるので

病院側にもそのメリットを十分に伝え

薬局も短縮できた時間をどう利用していくかというのが

課題になってくるでしょう。



それにしても

先々週に院外処方全面禁止の記事を見た後に

このような記事を見ると

なんだかどこに風が吹いているのか分からない感じがしますね。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私の近隣の病院では
処方箋の用法あるいは薬品名の下部に
「用法医師了承済み」、「用量医師了承済み」などコメントを
つけることで疑義を減らしています
なのでいちいち合意書を交わす意味がイマイチ理解できません
日数変更なども事後報告で可などコメントがあればいいと思いますが…
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示