転職を考える新米薬剤師に告ぐ。悩む前に辞めるべし!



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   





あっという間に7月になりましたが

4月に入社したばかりの新米薬剤師の方も

ぼちぼち

「仕事行きたくない」

と思っている人もいるのではないでしょうか。


よく「入社3年は続けなさい」と言われていましたが

果たして3か月しか経っていない今

今の職場を止めて転職してもいいものか

悩んでいる薬剤師もいる事でしょう。



そこで今回は新人薬剤師はいつならば転職してもいいのかという事について

書いていきたいと思います。



まず今の職場が

「自分の描いていた薬剤師像と異なる」

これが理由で辞めたいと考える人もいると思います。


例えば

憧れの病院薬剤師になったけど

やる事は調剤ばっかりで

全然病院らしいことをやらしてもらえない

だったり

単科病院の門前薬局に配属が決まって

大学で学んだ知識を全く活かしきれない

などと思っている場合です。



個人的にこの場合は3年間とは言いませんが

ある程度十分に仕事を把握して

自分で身の回りの仕事の判断を

8割方できるようになるまでは続けた方が良いと思います。


「あなたが知らない事が実はたくさんあるはずだ」
「それを全て知った気になるのは間違いである」


なんていう自己啓発の様な事を言うつもりはありませんが

やっぱり自分で考えて判断して行動するというのは

薬の知識とはまた別の自立した大切な力だと思いますし

いずれ必須なものになってくると思うからです。


実習では「自分で考えて判断」まではできても

それを行動に移すとなると

なかなか融通の利かない点が多かったと思います。

理由は責任が取れないから。



実習も最初は右も左も分からない状態なのに

同じ様に社会人1人目で左も右も分からないのに

給料をもらえるというのは責任を自分で負うという事の違い。

その重さになってくるのではないでしょうか。


それを意識しながら

1人の社会人、薬剤師としてどう立ち回れるか

という点において自分が納得のいくまでやるべきだと思います。


もちろん薬の知識云々という事も大事です。

しかし何十年と薬剤師を続けていく上で

いつかは自分が上に立つことも考えた場合に

ただの「指示待ち人間」で終わるのと

自分で考え判断し責任を持って行動できるようになるという点においては

どこの職場でも同じだと思います。


むしろ自分の理想とかけ離れていた職場だからこそ

「さっさと自立できるようになって次のステップへ」

ぐらいのモチベーションがあってもいいでしょう。






ではその他の辞めたい理由で

「忙しすぎる」という人もいるでしょう。

ただ、個人的に思うのが

入社して3か月で忙しいと思う人は逆に恵まれてると思います。

それだけのことを任されているのですから。

もちろんブラックな場合は別ですけど。



忙しいと時間が経つのも早いです。

むしろ暇な所の方が余計なことを考える事が多いのではないでしょうか。


あと給料が安いという人は

もともと分かっていたはずなので自己責任。

もし契約の段階と違ったならばこちらも無理に続ける必要はありません。

ただ、環境が変わって

お金が必要になった場合などは別に転職しても良いと思います。




そして今やめたいと思っている薬剤師の9割は

人間関係の問題でしょう。


この場合はまだ3か月だからと言わずにさっさと辞めた方がいいです。

仕事を覚える所ではありません。


中には仕事を教えてくれない所もあります。


薬の知識ならば独学で何とかある程度は学べるかもしれませんが

薬剤師としての最低限のルールや決まり事などを教えてもらえないのは

転職後もかなりのビハインドです。


そして仕事の時間は長いです。

毎日8時間は同じ空間にいるわけです。

これだと毎日が憂鬱でしょう。


しかしいざ辞める事を考えた時に

「たった3か月で辞めると経歴が・・・」
「次の職場でもすぐ辞めたくなるかも・・・」

などと考える人がほとんどでしょう。

そして案外毎日は淡々と過ぎていくものです。

ただいつかそれに耐えきれなくなった時が大変。

そうなる前に仕事を辞めるのは人生のリスクヘッジ。

薬剤師なんてほぼ年功序列なんてありませんし

子供に人気がある職業なのもつぶしが効くからです。

せっかく苦労して6年間勉強して

国試にやっと思いで合格して夢の薬剤師になれたんだから

もう少し頑張ってみようというのは分かります。

しかし少なくとも人間関係でこじれている場合

他の職場の人はそんな事1ミリも汲んでくれません。

「あんたが6年間勉強頑張ったとか知ったことではない」

という感じだと思います。


なので病んでしまうぐらいならさっさと辞めた方がまし。

これから長い薬剤師人生において多少のハードルは必要かもしれませんが

無駄なハードルに向き合う必要は決してありません。


そもそも自分が選んだ職場で

自分が病んでいく程無駄な事はありません。

「自分が選んだ手前辞めれない」という人もいますが

そんな事関係ありません。義務教育じゃあるまいし。

薬剤師の職場なんて腐るほどあります。

さっさと次に行きましょう。


こんなことを言うと

「辞めぐせがついたらどうするんだ」
「軽々とそんなことを言うのは無責任」

などと言われそうですが

無理に続けて体だけでなく心を壊したとしたら

そっちの方がはるかに無責任です。

逃げて逃げてやり直せればいいですが

それすら叶わなかった場合にはどうしようもありません。


ただ中には

「せっかく採用してくれた職場に迷惑がかかる」

という真面目な方もいるでしょう。

しかし幸いな事に入社して3か月程度ならば

正直今辞められても企業としては補填が効きます。

ある程度戦力になってから辞められる方が大変困る場合が多いです。

ですから安心して辞めましょう。




冒頭でも言いましたが

「入社して3年は続ける必要がある」

これは賛否両論ありますがあくまでも決めるのはあなたです。



自分の事を第一に考えて

後の事よりも今の事を考えましょう。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示