院外処方全面禁止は誰のため??



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




関西医科大学総合医療センター(守口市、477床)は5月6日の新本館開院に伴って、院外処方箋の全面発行を中止し、外来患者の調剤を原則院内で行う方針に改めた。患者の費用負担を軽減し、1カ所で薬を受け取れることで利便性を向上させて、病院の全体的な評価を高めることが目的だ。約16年間全面発行を続けてきたが、そのメリットを十分に感じられなかったという。
院外処方箋の全面発行中止‐門前中心分業に「メリット感じず」


この病院の門前薬局がどれほど

「メリット」

を感じさせなかったかはわかりませんが

病院側の

全面発行を続けるより院内に戻した方が患者サービスは向上すると見込み

それによって病院の評価を高めたいという。


というのはどうかと思ってしまいます。


実際に門前薬局が

ただ薬を調剤して渡しているだけの現状であったならば

院内調剤にした方が

お金もかからないし時間も短縮されて

メリットの方が大きいでしょう。


ただ16年院外処方をやってきて

「メリットが感じられなかった」

「薬局が住民の役に立っていない」

と判断するのは一体だれ目線で判断した事なのでしょうか。


まあ今回院外処方全面禁止に踏み込んだ本当の理由が

門前薬局の怠惰な部分があからさま過ぎたのか

単に病院側と薬局側がこじれたか

病院の利益追求のためか良く分かりませんが

心配な点が1点。

それは院内の薬剤師だけで処方をさばけるのか

という点です。


外来調剤要因として新規に薬剤師を11人増やし

40人体制にしたみたいですが

病棟業務には引き続き力を入れるみたいです。


となると

「院外処方箋の発行枚数は1日約700枚。以前は100%に近かった院外発行率は40%台半ばになった」

という事みたいなので

今は1日約800枚ぐらいの処方箋が院内で処理されている事になります。


これをもし処方箋75枚に1人で行うのであれば

現時点で薬剤師11人は数字上は合っていると思いますが

どう考えてもオーバーワークだと思うんですよね。

薬局1人で40枚も多すぎるぐらいなのに

病院が75枚に薬剤師1人でやれるはずがありません。


そしてこれだけ規模の大きい病院ならば

よその病院からの薬もあるため

一元管理が必要な人も出てくるでしょう。


そんな状況で

「患者サービスの低下」

を院外処方全面発行禁止の理由に挙げていますが

少人数の薬剤師で門前薬局数件分の処方箋を処理する方が

はるかに患者サービスは低下するのではないでしょうか。


一応院外か院内か選べるみたいであり

「結局決めるのは患者さんだ」という様な形にはなっていますが


医師は必要に応じて診察時に患者の意向を聞き、電子カルテ上で院内か院外かを選択する


という事で、選択の余地は本当にあるのでしょうか。




そもそも受け取りにかかる時間とお金だけを見て

患者サービス云々と言うのであれば

これはもう議論の余地はありませんけどね。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示