「保険医のOTC薬提供」で医薬分業の破綻が見える



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   


アレグラFX



「保険医のOTC薬提供」

これ、解禁されたら大変危険な事になると思います。


医療機関で保険医の関与のもとOTC薬(要指導薬含む)を販売できるようにする規制緩和について、一部業界団体や政府委員らが声を上げている。

保険医の「OTC薬」提供、高まる解禁論




現在

「スイッチ薬がある医療用医薬品の還付率引き下げ」

が議論されていますが

もしスイッチ薬の還付率が下がると医療費削減になります。

しかし正直医師側には何のメリットもありません。


むしろスイッチOTC薬がある薬を処方した場合には

自己負担額が上がるために

患者さんから薬の変更を要求される可能性もあります。

するとスイッチしている医薬品の把握まで必要になってきます。


そうなると

スイッチOTC薬がある医薬品の還付率を下げる

OTC薬のスイッチ化を進める

という構図は1ミリも歓迎できたものではありません。


医師会は反対の姿勢を崩さないでしょう。



しかし、もしOTC薬を医師が販売できるとなれば話しは別です。


今の薬価差益のない医療用医薬品を売るよりも

OTC薬を売る方がはるかに利益は高くなります。

当然薬価に縛られる事もないため

価格が下がり差益が減ることもほとんどないでしょう。


そうなってくるとスイッチOTC薬がある医療用医薬品は

ほとんど出番がなくなります。

例を挙げるとすると

フェキソフェナジンを処方箋に書く事はなくなり

病院でアレグラFXを販売する事になるでしょう。

そうなると患者さんの自己負担は増えますが

医療費の増加は回避され医療費削減につながります。


それにもし患者さんが

OTC薬を全額自己負担で購入する事になっても

「薬自体の値段は高くなってしまうけど、薬局で技術料などがかからないからトータルで安くなるよ」

と言っていれば問題なし。


当然医師側はOTC薬の販売を望むでしょう。

医療費は下がり薬価差益アップですから。



しかし、もしそうなってくると

もはや医薬分業という概念自体が崩壊します。

薬価差益のうまみのために

医薬分業が進まなかったあの時代に逆戻りです。


さらに利益目的での投薬が病院内で完結されるとなると

薬剤師のチェック機能は働かなくなり

ある種「クスリ漬け」の様な時代に逆行する可能性も出てきます。

しかも今回は医療費増加という世間の監視もありません。


ただ、さらに問題になる可能性があるのは違う意味のクスリ漬けです。



例えば、病院を受診して薬が「アレグラ」のみの様な場合であれば

患者さんもアレグラFXを病院で購入して家に帰るはずですが

ただ、そうなってくると患者さんもバカではありません。


「あれ?アレグラしか薬をくれないのならばマ〇キヨに行って買った方が安いよね?」

と思う人が出てくるはずです。


そうなると病院側が下手にアレグラFXだけを販売すると

患者さんの再診がパタリと減る可能性がでてきます。

患者さんは再受診の代わりにドラッグストアへ向うのです。


これでは困ります。せっかくスイッチOTC薬の促進を拒んできたのに意味がありません。

すると考えられるのが

OTC薬とセットでスイッチ化されていない医療用医薬品を

抱き合わせで処方を書く可能性が大変高くなります。


「こっちはOTC薬で病院から出せるけど、こっちの方はOTC薬がないから処方箋を書きますね」

といった具合です。

すると患者さん側も

「病院に行かないともらえない薬があるなら仕方ない」と思いますし

医師からとどめの一言

「次は4週間後に来てくださいね」

と言われれば受診するしかないでしょう。


すると余計な薬を処方するケースが出てきますし

病院にくる必要性をアピールするために

余計な検査を行う可能性もあります。

こうなってくると完全に本末転倒ですが

病院を受診してもらいつつOTC薬を売る必要性が出てくるので仕方ありません。




少し極端な事を書いてきましたが

この規制緩和は単なる

「スイッチ化促進の起爆剤になる」

といった甘いものでは決してないと思います。



当然薬局が被る被害はかなり大きいでしょう。


と言うのも

薬剤数が減る、処方箋枚数が減る事はもちろんですが

これがもし施行された場合

医師法第22条の

「処方箋の交付義務」という点。

もしこの法律が改正されれば

処方箋を発行する義務があった病院ですが

その必要性もなくなり

場合によっては医薬分業の終わりを迎える出来事になるかもしれません。






「医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであって、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているもの」(旧薬事法より)



これはOTC薬の定義です。

この定義によると、あくまでOTC薬とは

「需要者の選択により使用されることが目的」なはずです。


もしOTC薬が医療用医薬品の代替えとして使用されるのであれば

この定義を根本的に覆らせ

適切な医薬分業の形を崩壊する危険性が高まります。




どうでしょう。

薬剤師会を含め

何かあるたびに薬剤師の職能が脅かされると叫ぶ方々。

ぜひ今こそ立ち上がるべきじゃないでしょうか。





それとも単なる杞憂で済む話なら幸いです。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示