誰だ「QOLサポートクオール薬局京王八王子店」なんて名前にしたのは!!



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

クオールは6月13日、店舗で行った体重や血圧、血液検査などのデータも一元的に管理できる富士通が構築した健康情報情報管理基盤を、東京・八王子の店舗に導入し、「健康サポート薬局」を目指すモデルとして17日から運用を始めると発表した。健康管理に必要な検査データを、服薬状況と組み合わせて、服薬指導に活かしたり、生活指導や医師への受診を促したりする。モデル店舗での検証結果をもとに全店舗での展開を進める方針だ。
クオールと富士通 検査データを管理するシステム導入 「健康サポート薬局」のモデル運用で


クオール薬局が健康サポート薬局のモデルとして

八王子の店舗に富士通と連携して

「健康情報管理基盤」となるものを導入したみたいなんですが

いまいちピンと来ないんですよねえ。



しかしある意味効果はありそうです。


クオール薬局




要するに

「服薬情報以外の健康状態も経時的に管理するよ~」

という事だと思うんですけど

結局病院を受診している人は

病院でより細かい情報と共に管理されているわけで

何か薬局独自の付加価値を付ける必要があるでしょう。


メインとしてはやはり

まだ病気になっていない人への健康への意識を高めてもらう

まさに「健康サポート」的な意味合いがあります。

薬歴以外で処方箋を持っていない層の情報も管理できるのが

一番の強みでしょう。


また、将来的にはスマホ経由で運動量や食事情報なども

管理基盤に集約するみたいで

優しいライザップみたいで少し気が引けますが

精度の高さによっては面白そうです。




それにしても

こうやって富士通もプレスリリースを行い

クオール薬局としても大々的に健康フェアを行う。


すると薬を飲んでいない層からも情報が得られますし

健康サポート薬局としての大義も果たせる。

そう考えるとお金と労力を使う意味があり

ピンとこなかった健康情報管理基盤も色々役に立ちそうです。



クオール薬局に限らず

健康サポートという意味での一番の課題は

この健康フェア以外の際に

「どれだけ処方箋を持ってない人が入りやすい薬局になるか」

この雰囲気が変わっていく事が大切だと思います。


処方箋を持たない人でも入れる

「気軽に相談できる環境」というのは

今の薬局には厳しいと思いますので

このイメージをいかに払しょくできるかが課題となりそうです。

ただ、個人的には正直

あまり一緒くたにすべきではないとも思いますけどね。


やはりその辺はドラッグストアに利があると思います。



と、せっかく良いニュースだったんですが

「まあそうだよね」と思わされる次の1文。


「他店舗にも展開し、利用者の共通した情報がどの店舗でも閲覧できる仕組みづくりに取り組む」

という事で

何だか良かれと思って言っている様にも受け取れますが

結局ただの「囲い込み宣言」をしているわけです。


ただ、すでにかかりつけ薬剤師の同意で

バチバチに囲い込みが始まってますからね。


健康サポート薬局も

ある種囲い込みの手段としてうまく利用されていくのでしょう。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示