詐欺薬局に続き病院も逮捕



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   


ゴミ収集所


先月報道された大阪の調剤薬局が

計23回にわたり調剤報酬計約1430万円を詐取したとしている事件ですが

その時に医師側にも大きな問題がある
[話題の薬局の詐欺事件について]

と書きましたが、どうやら漢方を処方したのは

眼科医の方みたいです。

大阪府警は8日、診療せずに漢方薬の処方箋を出した上、診療報酬約2万円を詐取したとして、大阪市住吉区の眼科医(56)を医師法違反と詐欺の疑いで逮捕した。

診察せずに漢方処方箋、容疑で眼科医を逮捕



そして案の定、診察なしで処方箋を交付したとして

医師法違反及び詐欺の容疑で捕まっています。



1430万円の詐欺薬局と比べて

2万円分の診療報酬を不正請求で逮捕されるとは

ホント割に合わないと思いますが

健康被害が生じる可能性を考えたら値段の問題ではありませんからね。


一応現段階では

先月25日に詐欺容疑で逮捕された薬局経営者(65)側に渡っており、府警は、この処方箋が同薬局の調剤報酬請求に使われた可能性もあるとみて調べている。

という事で薬局と病院の因果関係は確認できていませんが

今後明らかになってくるでしょう。




それにしても

詐欺薬局が詐欺を働いたのが2012年12月〜15年2月

そして病院が不正の請求を行ったのが2013年11月~14年5月であり

その他の期間はもう1つの病院で処方されているはずなので
(詐欺薬局は2つの病院で24回の処方箋をもらっています)

もう一方の病院も気が気じゃないはずです。


ただ、病院にしろ薬局にしろ

迷惑がかかるのは患者さんであり

同じスタッフだったりするわけですが
(まあ詐欺薬局はスタッフも加担してましたけどね)

もし「うっかり」「知らない」などの事が

結果不正請求の積み重ねになっている場合もあるかも分からないので

やはり制度の見直しは必要ですね。



例えば今回の病院のケースでも

診察してないのに処方箋を出している状況を

ホントに周りのスタッフは知らなかったのか。

また、知っていたとしてもそれが法的に正しくないと知らなかったのか。


「知らなかったでは済まされない」という

厚生局の集団的個別指導の言葉を思いだします。








直接的な関係はありませんが

知らないと犯罪になるランキングTOP10があるみたいです。

[意外な違法行為ランキング]



6位の「指定日前日夜にゴミを捨てる 」なんて

前日どころか、たまった時に出すスタンスなんで

ホントにごめんなさいという感じです。





薬局的知らないと犯罪になるランキング10位は

「かかりつけ薬剤師指導料の同意をアンケートで求める」

なんてどうでしょう。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示