大手調剤の目標に呆れる



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   






最近の薬局やドラッグストアの業績のニュースは

本当に良いニュースばかりでしたが

さすがに来季は若干陰りが見えてきそうです。



調剤薬局大手4社の2016年度の業績予想が27日出そろった。連結純利益はいずれも過去最高を更新するが、伸びは鈍化する見通しだ。4月の診療報酬改定の影響で増収率が鈍るうえ、1人の患者を同一の薬剤師が担当する「かかりつけ薬剤師」制度で人件費が増える。
薬局4社の16年度、純利益最高 人件費増え伸びは鈍化



そして気になるのが次の一文。


各社は店舗網の拡大や薬局以外の事業強化で増益を確保する。



やっぱりこのへんが薬局がバッシングをくらう所以だと思いますよ。


いや、これは日経新聞の記事なので

当然企業の業績や来季の見通しや方針などを記す必要があり


「店舗網の拡大で総益を確保」というのは当然の事かもしれませんが

それは何のための店舗展開かと言われたら

どう言い逃れしても

「利益確保のため」となります。



もちろん大手薬局は株主のために業績を上げる事が

一番の目標のはずです。


しかし元をたどれば医薬分業とは

「専門知識と技術の発揮を行うため」に薬と医を分離した歴史があります。

あくまで薬局というのはその「ツール」でしかないわけです。

ただ今の大手チェーンなどを見てみると

そのツールは完全に

「利益をもたらすためのツール」

と化しています。


むやみに利益が見込めそうならば薬局を立てる、立てる、立てる。

そして結果箱だけ作って薬剤師が足りないと薬剤師確保が大変と叫ぶ。

結果中小の薬局は薬剤師確保に翻弄されて

さらに薬剤師不足のような状況を作っているのに

今や医薬分業率は70%という結果に。


薬剤師不足だからという建前で大学の人気取のために

薬学部を新設しようというアホな所もある。


いや、これは今あまり関係ないのでとりあえず置いときますが。



とにもかくにも

このツケは必ず回ってきます。


それが大手だけならばいいのですが

結局すべての薬局や薬剤師にも影響することになります。

というよりもすでに影響を及ぼしている現状があります。



実は調剤薬局の売り上げ上位10社が占める売り上げは

調剤薬局全体の売り上げは14%しかありません。
調剤薬局市場とドラッグストア市場の売上高対比

今後M&Aが進んでこの割合は変わっていく事でしょうが

それでも現状はたった14%。

しかしそんな14%が与える影響は本当に大きいです。

特に上場企業ならばなおさらです。

ただ、もう医薬分業や薬局の意義なんてのは

完全に二の次のレベル。

利益確保のための店舗展開。




これだけ違う視点で薬局を見るのであれば

分業バッシングが行われるのも

「さすがに仕方ない」と、いち薬剤師でも思ってしまいます。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示