規制緩和により登録販売者は薬剤師に取って代わるのか?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   


薬剤師不在での薬局開局



先日

薬剤師不在時のOTC販売を求める本当の理由

という「二重申請は撤廃した方がいい」という趣旨を書いたんですが

今日の薬事日報の社説で

薬剤師職能の視点から見れば、薬局の定義を揺るがすものになりかねない。薬局が営業していることはすなわち、そこに薬剤師が存在することを意味していたが、そうではなくなる。薬剤師が不在でも薬局を営業できるようになると、大げさにいえば薬剤師の存在意義にも関わってくる。

薬剤師資格保有者はそんな展開まで想像した上で、この規制緩和の是非を考える必要があるのではないか。

薬局の定義揺るがす答申



という様に怒られてしまいました。




どうやらこの社説では

ドラッグストアの二重申請に関してというよりも

単に「薬局が薬剤師不在時でも開局していること」を問題視しているみたいなので

今回は怒られた原因を踏まえ

「薬局の薬剤師不在による開局」

を改めて考えたいと思います。



そもそも

「薬局不在時に~」

と話しが進んでいますが

薬局に薬剤師が不在時な時ってそんな頻繁なものじゃないですよね?

在宅専門の薬局ならともかく

普通に近くの病院が診察している時間に

在宅業務に行って薬局に薬剤師が不在の状況って少ないでしょう。

薬剤師も空気を読んで不在にしていると思います。



もし仮にこの規制を受けて

日曜日や祝日に

薬剤師不在で登録販売者だけで薬局を開けている薬局ができたとします。


個人的にはそれはそれでいい事だと思うんです。


地域の人達が安いドラッグストアよりもかかりつけの薬局を信頼して

OTCを買いに来てくれるんですよ。

しかもOTCの品目もそれなりに置いてある薬局に限られるはずなので

OTCの品目数もバッチリで地域の方の信頼もあり便利な薬局があれば

まさに政府の考える薬局そのもの。

店舗で処方箋を待つ調剤依存型の薬局からの脱却です。








しかし人件費も考えた場合にそのような薬局はほぼないでしょう。

将来的にはあるかも分かりませんが。

もし極端に走って

「薬局だけどほぼ薬剤師不在」のような薬局ができたとしたら

それはただのドラッグストアで、利益があるのか逆に不安です。





では一番の問題である

登録販売者の職能拡大についてです。



この社説によると例えば

「調剤業務の一部を行うことになる」

などと書かれていますがむしろ薬剤師以外が調剤を行う状況が蔓延している中で

それを解消してくれるのであれば願ったり叶ったり。


もっと現実的な話しを挙げると

登録販売者の第1類の販売許可

などになると思います。

これはそこそこ問題でしょう。


そもそも要指導薬、第1類や第2類の線引きは

薬剤師、登録販売者どちらに販売させるのが正しいか

という事から発生していませんので

この辺の議論はしっかり行うべきだと思います。


このような話しは薬剤師もよく

「職能拡大のためにリフィル処方箋を!!」

なんて無責任な事を言いますけど

まずはその職能拡大が本当に可能であるのか?

という事を考え

可能であることが担保される必要があるでしょう。


それにもしこの話が議論に挙がるならば

まずは現行のOTCの区分の再確認もセットで必要だと思います。





結果的に個人としては

薬剤師職能の縮小は杞憂であり

むしろ薬剤師の在宅などが広がるため逆に職能拡大。

そして薬剤師不在でも開局している現状と

薬局は調剤だけを受け付ける場所という概念を打破する

いいきっかけだと思います。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

もしその制度を導入することになれば薬剤師の需要は減り、売り手市場も終わりますね。
意識が高い薬剤師にとっては職能拡大のチャンスなのでしょうが…
その他大勢の薬剤師にとっては面白くない制度ですよね。
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示