病院での自己負担増でOTC市場が活性化!?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

保険給付外




 財政制度等審議会は18日、『「経済・財政再生計画」の着実な実施に向けた建議』で、スイッチOTC化された医療用医薬品の保険償還率引き下げや、ビタミン剤など市販品類似薬の保険外しなどを提案した。

スイッチ化の医療用医薬品、償還率引き下げ提案‐財政審・建議



本当は


全世代で1割自己負担アップ


の方が手っ取り早くて楽なんですが

まあそんなあからさまな反発の嵐をかうより

影響が少ない所から少しずつ負担を増していくのがセオリー。



そして今回(昨年からやっていますが)


・スイッチOTC化された医療用医薬品にかかる保険償還率を引き下げ

・長期にわたって市販品として定着したOTC類似薬(ビタミン剤、うがい薬、湿布、目薬やいわゆる漢方薬などのうち、長らく市販品として定着した銘柄)は、処方の目的や方法にかかわらず保険給付外


この2つを提案しています。


昨年の時点では

16年末までのできる限り早い時期に結論を得て

遅くとも17年通常国会に所要の法案を提出するスケジュールみたいなので

今年中にはまとまるでしょう。


そしてこの制度が導入されると

ゆくゆくは

スイッチOTC化された医療用医薬品にかかる保険償還率を引き下げ
→保険償還率ゼロ。つまり保険給付外へ

長期にわたって市販品として定着したOTC類似薬の保険給付外
→OTC類似薬は期間に関わらず保険給付外

という事になるでしょうねえ。



そして一番の影響が

医療用医薬品のOTC薬へのスイッチ化が爆発的に進む

のではないかと思います。


例えば第2世代抗ヒスタミン薬でも

アレグラFXやアレジオン20などは有名ですが

アレロックなどのまだ市販されていない第2世代抗ヒスタミン薬などは

すぐにスイッチ化されるでしょう。
(アレロックはスイッチ化のための成分の承認は取れているみたいですが)

その他の医療用も

影響が少ないものからバンバンOTCにスイッチするのではないでしょうか。




そしてもし保険給付から外された場合に気になるのが

薬価です。

保険給付がゼロならば

実勢価格と薬価の乖離は特に問題にならないため

薬価自体がなくなるのでしょうか。


それに子供の自己負担金がゼロの地域の場合では

保険給付外の薬代もゼロになるかどうかも気になる所です。



ただ、いずれにしてもこの件に関しては

医師会の反発がありそうですし

とりあえず今年中にはまとまりそうなので

見守っておきましょう。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示