薬局は地域連携の強化を!!



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   


かかりつけ薬剤師の地域活動



疑義解釈資料(その3)がでましたね。

ふたを開けてみると何のことはない。

行政機関や地域医師会、歯科医師会、薬剤師会の協力のもとで実施している休日夜間薬局としての対応、休日夜間診療所への派遣



が薬剤師会を優遇する抜け道を明確にしてくれましたね。



前回・前々回でもここに

地域活動の主役を考える必要があるという事を書きましたが

何だかそれは間違いだったようです。


自分でも

「地域活動は地域の人たちを最優先で考える必要がある」

と書きながら


「じゃあ在宅医療が一番地域活動になるのでは?」

と、勝手に考えましたが

やはり

「地域の人たちは薬局に特に何も期待していない」

という事があるんじゃないかと気になりました。


そして今回疑義解釈の3が出ましたがそれではっきりしました。


結局の所地域活動として言いたい事は


薬局はもっと地域の他の職種や行政と関わりなさい


という事だったのではないでしょうか。


それは疑義解釈の具体例の最初の2つ

地域ケア会議など地域で多職種が連携し、定期的に継続して行われている医療
・介護に関する会議への主体的・継続的な参加


地域の行政機関や医療・介護関係団体等(都道府県や郡市町村の医師会、歯科医師会及び薬剤師会並びに地域住民に対して研修会等サービスを提供しているその他の団体等)が主催する住民への研修会等への主体的・継続的な参加



そして昨年出された健康サポート薬局の検討会の資料 でも


地域における連携体制の構築
(医療機関への受診勧奨やその他の関係機関への紹介)



という項目が真っ先に挙げられている事からも


「薬局は他の職種や行政と繋がりを持ちましょうよ」

という事を将来的に見こして

あえて具体的に示唆しているのではないかと思います。


地域活動=地域との連携強化

だったんですね。







それにしても少し気になったのが


行政機関や学校等の依頼に基づく医療に係る地域活動(薬と健康の週間、薬物乱用防止活動、注射針の回収など)への主体的・継続的な参画(ただし、薬局内でのポスター掲示や啓発資材の設置のみでは要件を満たしているとはいえない。)





なんですが、中にはいたんですかね。


薬局内のポスター掲示を地域活動とした薬局が。





かかりつけ薬剤師指導料をどうしても取りたいけど

「地域活動だけ何もやっていない。うーん、とりあえずこれで申請しとけ!!」

みたいなノリだったのでしょうか。



ダメ。ゼッタイ。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示