地域活動にふさわしい活動って結局在宅医療じゃないですか?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   


かかりつけ薬剤師 施設基準



昨日もかかりつけ薬剤師指導料の施設基準である

地域活動の取り組みについて書きましたが

→「地域活動は地域の人のため。薬局・厚生局のためではない」


結局の所、地域の人のためになるような

薬局の活動の明確なビジョンが見えていないため

厚生局も混乱している状況なのでしょう。

(それなら施設基準に入れるなという話ですが)

そして地域の人たちも

「正直特になにも期待していない」

という状況でみんなが納得する地域活動はあり得ないわけで

せめて地域の人中心の地域活動にすべきと思うんですが

勝手に地域活動にふさわしいものはないかと考えた時に

やはり

在宅医療をすること


が結局一番地域活動に貢献しているのではないか

と思うのです。




ごちゃごちゃ「これはダメ、あれはいい」という風に

納得のいかない判断を下されるのであれば

在宅を〇件行えば地域活動とみなします

という風にした方がシンプルで分かりやすい。

なおかつ在宅医療の推進にもなります。



これまで在宅が0件だった薬局を1件に持っていく

いいきっかけだと思うんです。

「うちは人数が少ないから在宅は無理」

という薬局も動き出すでしょう。

必要最低限の在宅しか行わない薬局が山のように出ることでしょうが

それは国がお得意の

「徐々に件数を上げる」診療報酬改定にすればいい話しです。



それに、かかりつけ薬剤師と在宅医療がセットになれば

患者さんからすると

毎回同じ薬剤師が家に薬を届けてくれる安心感というのは

かなり高いと思うんですよね。




在宅を行わない薬局が決して「悪」だとは思いませんが

処方箋をこなすだけの薬局が

患者さんの同意をもらい同じ薬剤師が投薬するだけで

かかりつけ薬剤師として70点を算定する事はかなり違和感があります。



そして将来の薬局のあり方として

在宅なし・かかりつけ薬剤師なし

というのは時代に合わなくなってくるでしょう。


そうなると、国の方針として

在宅医療とかかりつけ薬剤師

セットにすればかなりスムーズに方向性が見えてきませんか?




この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示