かかりつけ薬剤師指導料が算定できない時は?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   


かかりつけ薬剤師




4月の新聞やメディアで取り上げられていた

かかりつけ薬剤師なんですが

当然のように話題性としては旬を過ぎたので

あまり目にしなくなった印象が若干あります。

ただそれで良かったなあと思うんです。

かかりつけ薬剤師を反対しているからというわけではありません。
(反対ですけど)

と言うのも

実際かかりつけ薬剤師指導料が算定できるか否か

ふたを開けてみるとかなり手こずる状態になっているからです。

理由はもちろん

「薬剤師の地域活動」になるわけですが

これのせいで

理想のかかりつけ薬剤師指導料のスタートを切れなかった薬局

かなりあることでしょう。



一般の人がどれほど知っているか分かりませんが

「ぜひかかりつけ薬剤師をお願いしたい」

という人も当然出てくるでしょう。

むしろあれだけメリットを謳っていましたからね。

そういう人が現れない事は制度として欠落しているとしか思えません。


そこでかかりつけ薬剤師を希望する人がいた場合

まだ申請が通っていない薬局からすると少し困った事になります。

しかしそんな時は仮に点数が算定できなくても

かかりつけの薬剤師になるべきだと思うんです。


「当薬局ではかかりつけ薬剤師制度が導入できていない。
しかし同じ薬剤師が基本的に対応します」



お代はいただきません(今の所は)


それが将来を見据えた薬局の対応だと思います。



点数を取る事は経営上大切なことですが

今後は点数以外のメリットを

いかに患者さんに提供できるかが重要になってくるでしょう。


ただ、それでもかかりつけ薬剤師ができない薬局となると

不安になる患者さんもいることでしょうから

そんな時は患者さんにしっかり伝えてあげてください。



「同じ薬剤師が対応する以外、特にこれまでと変わらないので安心してください」と。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示