果たして後発品メーカーは生き残れるのか??



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   


ジェネリック



厚生労働省医政局経済課の大西友弘課長は、本紙の日本ジェネリック製薬協会との対談で、政府の「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太の方針)で示された“後発品の数量シェア80%”に言及
大西経済課長、後発品80%で「登る山が変わった」‐企業は質的変化への転換を 厚生労働省医政局経済課


後発品のシェアを80%に掲げるまでは良かったんですが

後発品の需要増加に伴い

他社の後発品メーカーとの競争に加えて

先発品メーカーも参戦。

後発品シェア80%を達成した先は決して明るくない未来。

もはや後発品メーカーに吹いていた追い風は消えてしまうのでしょうか。




大西課長は

「これまでは近所の山を登れと言われ、トライしていたが、その途中で急に富士山に登ることになってしまったようなもの」


と言っていますが

これって目標のハードルが上がったという事よりも

近所の山はたくさんありますが、富士山は1つしかないため

それだけ競争が激化して登れない人も出てくる

というイメージを勝手に抱いています。



必ずしも後発品メーカー同士が統合しなければならないということではなく「各社が個性を発揮できれば、市場内での共存は可能ではないか」


とも言っていますが厳しいでしょう。


と言うのも後発品メーカーって今までも

ただ先発品と同じ成分で薬を作ってきただけではありませんよね?


先発品からシェアを勝ち取るため

他の後発品メーカーからシェアを勝ち取るため

いろんな剤形や味の薬を出したり質的な改善を目指したり

先発品メーカーと合併したり子会社化したり

すでにそれなりの個性を出していると思うんです。


それに、正直もうネタ切れのメーカーもありますよね。味に関してとか。





今後のレッドオーシャンを考えた場合に

やはりオンリーワンの個性だったとしても、それを維持する事は難しい。



将来的には

一部の中小の後発品メーカーは

大手後発品メーカーか先発品メーカーとくっつき

そしてその他の中小の後発品メーカーは自然淘汰されるでしょう。




しかしこんな既定路線の予測をして

それを裏切るような大きな革新的な何かが起こるような気もしないでもないんですよね。



後発品メーカーが色んな種類の薬を開発してくれるおかげで

国も患者さんも助かっている状況です。

「後発品の普及に薬局はもっと評価されるべき」

という意見もありますが、後発品の普及に貢献したのは

後発品メーカーの個性的な薬というのも決して忘れてはいけません。



ぜひ何か生き残りをかけて

いい意味で奇をてらった薬を生み出して欲しいと思います。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示