調剤薬局併設のコンビニに望むのは24時間薬の販売



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   



コンビニチェーン大手のファミリーマート(本社東京豊島区、ファミマ)は、横浜市南部を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開するサカイヤ(本社横浜市戸塚区)と、コンビニとドラッグストアの一体型店舗1号店「ファミリーマート+サカイヤ港南台店」を4月27日にオープンした。
コンビニと調剤併設Dgsを融合‐サカイヤと一体型店 ファミリーマート


   サカイヤ




いつも調剤併設型のコンビニができるたびに違和感を感じるんです。

だって調剤薬局とコンビニが併設しているだけ

な所が多いんですもん。


コンビニと調剤薬局が併設

と聞いて誰もが思う事は

他のドラッグストアが閉まっている夜中でも朝でも24時間薬を買えて便利

という印象があると思うんですが

結局ただの横並びでの営業、薬局は7時に閉まる

ただのコンビニと調剤薬局になっています。


そんな所はいちいち調剤併設のコンビニと謳わなくてもいいと思うんですよね。

本当の利便性から大分ずれています。

まあ本質的な所は

調剤薬局を置くことでの集客という面が強いからでしょうが。



しかし今回記事になっている横浜市南部を地場とするサカイヤですが

こちらは少し変わっていて

登録販売者を24時間常駐させることで

常に薬の販売を可能にしています。


さすがに薬剤師を24時間置くとコストがかかるので

登録販売者だけになっていますが

現時点で

第1類医薬品でないといけないという市販薬はほとんどないので

全く問題ないでしょう。


ただ、今後の調剤薬局側を見ると

24時間処方箋だけでなく市販薬の対応も必要になってくる可能性もあることから

夜間でも市販薬を売る「体制」を整える必要性が出る時代になるでしょう。

そるなると24時間営業の代名詞であるコンビニとの併設も

大分意味がある気もします。


しかしすぐ薬が欲しいのに

電話で薬剤師を呼び出して待つというのは

患者さんからするとあまり現実的でもなさそうな気がします。

そうなるとやはり登録販売者を24時間常駐するのがベスト。



今後は登録販売者と言えば

夜勤も当然という時代が来るかもしれません。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示