電子お薬手帳が普及しない理由



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   


電子お薬手帳


マイボイスコムが実施した「調剤薬局」に関するインターネット調査によれば、直近3年以内に調剤薬局を利用した人のうち、電子お薬手帳利用者は1.9%、電子お薬手帳の利用意向者は約25%だった。同調査は、2016年3月1~5日に実施、1万999件の回答を集めた。
電子お薬手帳の利用意向者は約25%


今回もマイボスイスコムのアンケート調査の結果ですね。

回答を求めた人数が1万999件ということで

あと1人欲しかった所です。



そんなことはさておき

気になる結果を見ていきましょう。

まずは

調剤薬局の利用頻度が「年に1回以下」の層では、お薬手帳自体の利用者が6割弱と低い傾向だった。


これは逆に本当に6割弱もいるのか不思議な感じです。


基本的に1年前にもらったお薬手帳を持参する

マメな人は少ないでしょうから


例えば冬場に風邪をひいて

病院で処方箋をもらい薬局に行き

「お薬手帳ありますか?」

と聞かれて

「お薬手帳持ってないし普段病院をかからないのでいりません」

という人に、薬局が説明してお薬手帳を渡すパターンが多かったのでしょう。


ただこれは今年の3月のアンケート。

お薬手帳を渡す方が高い点数を取れていた薬局の思惑もあり

次回のアンケートで(あるのか知りませんが)どういった結果が出るのか楽しみです。


そしてこのアンケートのメインがこちら


近3年以内に調剤薬局を利用した人のうち、紙のお薬手帳の利用者は71.3%、電子お薬手帳の利用者は1.9%だった。男性の20代・30代に限ると、電子お薬手帳の利用者は4~5%だった。



男性の20~30代ならば

ほぼスマホ利用者と言ってもいいと思います。

しかしそれでも利用者が4~5%と

全体が1.94%なので高めに見えますが

正直スマホ普及率を考慮するとかなり少ないと言えるでしょう。


普及してない理由は多々あると思います。


薬局側が電子お薬手帳に対応していない場合や

セキュリティの面の不安がある人。

そもそも薬局自体をほとんど利用しない人もいるでしょう。


その中でもやはり電子お薬手帳を利用しない理由として

ダウンロードがめんどくさい

があげられると思います。



手間自体はそんなにかからないと思いますが

要は「そこまでしなくていいや」と思う層が結構いると思うんですよね。



しかしお薬手帳が必要になる時が急に訪れるかもしれませんし

薬局側も必ず服用歴を把握しなければなりません。


それならばやはりもうお薬手帳自体

患者さんの意思だけに持参をゆだねるのではなく

ICTを活用して

どこの医療機関でも服用歴を共有できるようになった方が良いと思います。


早く

「お薬手帳をお持ちですか?」

と聞く時代がなくなればいいですねえ。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示