薬剤師の飽和はだれが監視するのか



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

日本病院会(日病)の堺常雄会長は25日の定例記者会見で、いわゆる「医師の計画配置」について、「いろんな意見が出ているので、それを踏まえて、最終的に日病として報告をまとめたい」と述べた。日病では今後、勤務医不足の解決策の一つとして、内部で話し合いを進めるとしている。
勤務医不足解消で「計画配置」を検討へ- 日病・堺会長、医籍活用の提言も


医師の偏在を何とかして解消しようとする動き

本来は薬剤師会も見習うべきなんですけどね。



日本病院会の堺会長は



「必要医師数というものを各構想区域の中で明示してほしい。診療科ごとなのか、地域全体になるのか分からないが、それをやってほしい」


20160425-17.jpg




となんだかムチャぶりな気もしますが

とりあえず早急な動きが必要というのはひしひしと伝わります。


そして


理学療法士と作業療法士については今後のニーズ増加が予想される一方、近年の養成数が大幅に増加しているほか、質の低下も指摘されている。分科会では、5回の会合を経て、年内に報告書を取りまとめる。
PT、OTの将来需給検討で初会合

養成数が増えている事が問題となっている

理学療法士・作業療法士も

将来の需要を検討する会合が厚労省で開かれました。


ではなぜ薬剤師は適切な偏在の対策も打たず

将来の需要を考慮しての適切な薬科大の定員などを調整しないのでしょうか。


それはきっと

薬学部は人気があるから(今は需要があるから)

薬学部を作れば学生を集めることが簡単であり

薬剤師会も薬剤師が増えれば会員数も増えてウィンウィン

という考えがあるのではないでしょうか。


確かに国公立の薬学部は将来的にも人気な学部でしょう。

これが衰える事はないと思います。

よって昨今の国公立の薬学部新設は大学からすれば

支援したいと思うのは自然なことだと思うんですが

一方では将来の需要を監視する側も当然必要なはず。



ちなみに上の厚労省か開いたPT・OTの検討会には

他の医療従事者として

医師・看護師も将来の需要検討が行われました。

薬剤師だけ蚊帳の外です。


少なくとも厚労省は薬局の再構築には前向きですが

薬剤師の数的な問題にはあまり関与しないみたいです。


それならば薬剤師会が

将来を見越して、いや最悪今の偏在を解消するためだけでも

もう少し違う動きをするべきです。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示