高齢者にはICカードでの電子お薬手帳の普及を!



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

今回の震災を見て

「お薬手帳を持って避難する」

というのは現実的ではないことがはっきり分かりました。


「じゃあ電子お薬手帳ならばいいだろう。スマホを持って避難するだろうし」

というのも全然いいんですが

やっぱり高齢者のことを考えると

電子お薬手帳としてスマホで持ち運ぶ人はかなり少数派で

複数の薬を飲んでいるのは高齢者の方が多く

災害時のお薬手帳というのは

高齢者にとっても活用できるものでないといけません。




今使用されている電子お薬手帳のシステムは

データフォーマット仕様書(統一されたデータ形式)

に基づいて作られていますから

個別の事業者の電子お薬手帳でも

どの薬局でもカバーするのは不可能ではないはず。


既に日本薬剤師会が提供を開始した

リンク付けサーバーに個別の事業者が連携すると

異なる事業者間での電子お薬手帳もすべて閲覧は可能らしいので

あとは閲覧だけでなく書き込みもできれば問題ありません。

電子お薬手帳の相互閲覧サービス、日本薬剤師会が開始



あとカードを忘れたり無くした場合でも大丈夫なように

クラウドサーバーにて保存しましょう。





で、全員スマホでの活用は難しいので

スマホを持たないという人にはICカードを配りましょう。

ソニーのharmoなどがいい例です。

yjimageXOGV02BR.jpg



将来的にはマイナバンバーと紐付けされる可能性もありますが

今マイナンバーを持ち歩く人はほとんどいないと思いますので
(マイナンバーの活用によっては持ち運ぶようになるかもしれませんが)

ICカードを財布に

もしくは保険証と一緒に保管してもらいましょう。

そうすれば災害時に持ち出す方も多いはずです。


ただ、カードに医療情報を載せたくないという人もいるでしょう。

しかし慢性疾患で薬を必要とする人や

高齢者の方を見ていると

ただでさえ環境が悪い災害時に

余計な負担を強いる上で薬の把握が困難という状況の可能性があるならば

ぜひ今一度、お薬手帳の必要性を窓口で薬剤師が伝えて

活用してもらうべきだと思います。


それにICカードならば日常でもお薬手帳を忘れる人も格段に減るはずです。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示