看護師の調剤業務を認めない理由



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

医総研はこのほど、医師の指示の下で看護師が行う診療補助行為に「調剤」行為(薬の調合)が含まれるとの見解をまとめました。これに対して日本薬剤師会は、薬剤師以外による調剤は禁止されていると主張しています。
果たして“調剤”は看護師の業務に含まれるのでしょうか?
“調剤”が看護師の業務に含まれる?日医総研が見解、薬剤師会は反発


これはつまり


薬剤師法第19条VS診療補助行為


薬剤師法第19条とは

「薬剤師でないものは、販売または授与の目的で調剤してはならない」です。



個人的に看護師の調剤業務は反対です。



まず薬剤師法第19条の例外として

「医師、歯科医師または獣医師が、自分の処方箋の内容を自分で調剤するときのみ」

となっていますが

例外として規定されている医師の調剤を

当然の如く医業に含めてその補助行為として看護師もOK

とするのは少し無理があるんじゃないかと思うんです。



あと調剤の知識の面。

看護師の中には一包化してはいけない薬があることすら知らない人もいます。

遮光保存や冷所保存が決まっている薬剤を守って調剤できない可能性もありますし

何より全く疑義が働かないため結果患者さんの健康を損ねる可能性があります。

単なる調剤ミスなどでも健康被害が生じる可能性もありますし

その際の責任の所在はどうなるのでしょうか。



それに看護師も調剤可能と解釈してしまうと

ただでさえ看護師不足が叫ばれているのに

看護師の業務の幅が無駄に増えることで

さらに看護師の疲弊に繋がる可能性もあります。




それにこの問題は薬剤師会は永遠と反発し続けるはずなので

結論が二転三転する可能性も存分にあり

そこに現場の人間が振り回され、患者さんも被害を被る可能性があるならば

看護師は看護業務に専念させた方がいいと思います。


仮にもし認めるとしても特定看護師に限るべきでしょう。

そこで調剤補助行為としての研修を行う必要があります。





最後にこの記事に


医薬分業が進み、病院外の薬局で薬を受けとる患者が7割を占める昨今。なぜ今、日医総研が看護師による調剤が可能との見解をまとめたのかは不明です。


と書いてありましたが

個人的観測ですがこれは

遠隔診療と絡めて

医療用医薬品の郵送を視野に入れてのことなのではと睨んでます。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示