かかりつけ薬剤師にして良かったこと



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   


TwitterIcon_02_400x400.png





新聞やメディアなどでかかりつけ薬剤師を取り上げることが多いですが

その効果もあって分かったことがあります。それは



案外、患者さんは薬を一元管理してもらえることを知らない



ということです。


その原因の大きな理由として

門前でない薬局に処方箋を持って行くと

「在庫がない薬が処方されているので少々お時間をいただきます」

ということになり、結果患者さんは

「基本的に門前薬局で薬をもらうもの」と考えてしまうからでしょう。



しかし今回のかかりつけ薬剤師の普及に伴い

薬はどこの病院の処方箋も

ひとつの薬局で飲み合わせなどを管理してくれることを知り

しかもそれを推奨されたのであれば

実際助かる患者さんも多く

気兼ねなく門前薬局以外の処方箋を持っていくことが可能になります。



個人的な意見としては

かかりつけ薬剤師が行う業務は

かかりつけでない薬剤師と基本変わらず
(薬の一元管理ももちろん可能)

点数だけ高くなってしまうことに反対でしたが

今回のかかりつけ薬剤師の制度化により

薬の一元管理ができる

といった面の普及に一役買ったことは大きな意味があったのではないでしょうか。





と、たまにはフォローをいれてみます。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示