薬局で薬剤師不在時でも登録販売者が薬を販売できるために。



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

日本薬剤師会の石井甲一副会長は3月31日の定例会見で、規制改革会議側が求めている「薬剤師が不在でも登録販売者が第2類薬、第3類薬を販売できるようにする」との規制緩和策について、厚生労働省が「一定の条件下で見直しを検討する」との方針を示したことに不快感を示した。
【日薬】薬剤師不在時のOTC販売で厚労省方針に不快感

51BD955TPSL.jpg


薬局に薬剤師が不在の場合は

薬局は開局できない省令がありますから

薬剤師不在だと登録販売者は薬を販売できません。

しかし

薬局は地域に密着した健康情報の拠点として活躍を期待されるみたいなので

薬剤師不在でも登録販売者が第2・3類薬を販売してもいいという方針としては

日本薬剤師会が不快感を示す程のものではない気がします。


現時点の問題として

そもそも薬剤師不在なのに開局している状態や

開局時間が掲示されているものと異なったりする現状があるため

日薬はまずそちらの問題を改善する必要があるでしょう。




しかし、もしこの規制緩和が行われた場合には

薬剤師不在時に第1類薬や要指導薬を販売したり

ひょっとしたら処方箋を受け取り調剤まで行う可能性もあります。


という事で

厚生労働省は「一定の条件下で見直しを検討する」との事みたいですが

もし法に反する行為が見受けられた場合に

その薬局には重大なペナルティを課すべきです。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示