薬剤服用歴管理指導料がとれない



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

原則2年に1度の診療報酬の改定が行われた1日、全国の医療機関や薬局では、新たな医療費による窓口業務が始まった。薬の服用歴などを記載する「お薬手帳」に関しては、スマートフォン(スマホ)の専用アプリなどの「電子版」も薬剤師の指導料の対象となったが、患者側が画面の閲覧を拒否した場合に算定できないとする厚生労働省の方針に、現場からは不満の声も上がっている
電子お薬手帳、患者側の閲覧拒否で算定不可- 厚労省方針に不満の声も



kaiji2.jpg




これは非常にまずい。


患者さんが意図して「安くなるから」という理由を盾に

管理指導料を算定できない特例を作ってしまった事も大問題ですが

それ以前に

薬学服用歴管理指導料が算定できないケース

を作ってしまった事自体が非常にまずい。



もし、薬をただ患者さんに渡しているだけで

管理指導なんていうのが形骸化している状態の薬局で

それが発覚してしまい

「ペナルティ」として算定不可にさせるのならまだしも

今後薬剤師業務の根本的な部分である

薬剤服用歴指導という牙城が崩れてしまう可能性もあります。





しかし、本来ならば電子お薬手帳の閲覧の有無

さらには患者さんの判断により算定が左右されるほど

薬剤服用歴管理指導料は脆弱なものではあっていけないはずです。




とにもかくにも

出てしまったものは仕方ないので

今後の診療報酬改定で

薬剤服用歴管理指導料が算定できないケースが増えないことを願うばかりです。

あとアホな人が本質を捉えてない情報を拡散させないことも痛切に願います。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
RSSリンクの表示