またアホな事をやろうとしている



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

厚生労働省は、一部の調剤薬局チェーンなどが「かかりつけ薬剤師指導料」(70点)を算定するための裏技として準備を進めている“アンケート同意書”では認めない方針を、事務連絡(Q&A)で示す。
【厚労省】かかりつけ指導料、“アンケート同意書”認めず‐「患者との信頼関係損なう」




このかかりつけ薬剤師を算定するためのアンケート同意書。

裏技でも抜け道でも何でもないですからね。




もうね、ほんとゲスの極みですよ。




11.png


アンケートを行う際に、アンケートとは別に、かかりつけ薬剤師を選択すること の意向確認を行うことは差し支えないが、同意の取得に当たっては、かかりつけ薬 剤師の業務内容、かかりつけ薬剤師を持つことの意義、役割等について、当該指導料を算定しようとする薬剤師が改めて説明した上で、かかりつけ薬剤師に対する患 者の同意を取得する必要がある。また、アンケートへの署名ではかかりつけ薬剤師 の同意を取得したことにならないので、別途、かかりつけ薬剤師への同意に係る署 名であることが明確にわかるようにすること


なんだこのQ&A。



日薬がかかりつけ薬剤師の同意書や

薬剤師の勤務表ののひな形を作ってますのでそちらを参考に。

→日本薬剤師会-平成28年度調剤報酬改定等に関する資料





この件に関して厚労省も

厚労省は、「これでは患者との信頼関係を損なう。なぜ、調剤バッシングが巻き起こったのか全く理解していない」と憤慨している。



と、そもそもこんな制度を作るのも悪いと思いますが

こういう姑息な事をして起こる一番の問題点は

アンケート同意を行おうとした薬局だけでなく

薬局および薬剤師全員が信頼を失う事なんです。


それを一部のチェーンが行い
(いや、中小でもやろうとした可能性は存分にありますが)

業界全体が批難される。

そして2年に1回の診療報酬改定で不利になり

結果全体で痛み分けという事になる。


ホントに迷惑なのでやめてもらいたい。



今後かかりつけ薬剤師制度で

規則にそぐわない事を行った場合

その薬局は無条件に指導料は取れないぐらいの措置を講ずるべきです。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示