不妊治療で薬剤師ができること



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   






不妊に悩む男性の半数が、不妊の原因を調べる精液検査をパートナーの女性の検査後に受けていることが、厚生労働省研究班の実態調査で分かった。世界保健機関(WHO)によると、不妊の原因の半分は男性にあるが、治療への抵抗感や「不妊は女性の問題」などの誤解も根強く、男性の受診が遅れがちになっていることが明らかになった。

<不妊>男性の検査、半数が女性の後…治療経験ある男女調査



不妊治療への抵抗感と

不妊は女性の問題という誤解のため

男性の受診は遅れがちになっているそう。


gaiyou_pi_003.jpg
江戸時代は子供ができないと女性が批難され、離縁する事も少なくありませんでした。




この記事で

男性専門の不妊治療

「泌尿器科生殖医療専門医」について

「全く知らない」と答えた人が143人(43%)に上った

とあり、自分はそのような専門医がいる事を知らなかったのですが

不妊治療経験がある男女に聞いた調査でも

約半数が知らないという事実。

一般の人はさらに低い数字になるでしょう。




先日、黄体形成ホルモン(LH)キットが第一類薬として販売される

というニュースがありましたが

例えばそういった不妊治療の入り口の段階で

薬剤師が販売する際に


不妊の原因は男性にもありその専門医もいる


という事を伝えてあげたり

親身に相談にのったりする事で

手遅れになる可能性を少しでも軽減できるのではないでしょうか。




ただこの手の一番の問題は

「男性が病院に行くために仕事を休む」

この事に関して抵抗がある点や

会社側の理解が広がっていない

という事が大きいと思うんです。




この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示