6年制新卒合格率100%が2大学。ひとつは東大。もうひとつは・・・



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

第101回薬剤師国家試験の合格発表がありました。

第101回薬剤師国家試験の結果について




ちなみにこちらが6年制が始まって以来の

薬剤師国家試験の結果です。


キャプチャ



第101回薬剤師国家試験の合格率は76.85%と

前回、前々回と比べると

非常に多くの合格者を出しています。


その理由のひとつとして

今年から薬剤師国家試験の合格基準が変更になり

以下のように変わりました。


キャプチャ
(メディセレHPより引用)



つまり合格基準が大分緩和された事と

問題の難易度が下がった事。

そしてなにより薬剤師の供給を高めたい厚労省の思惑が

今回の高い合格率につながったのでしょう。


それにしても第99回では

7312人しか合格していないのに

今回は11488人も合格するという

厚労省のさじ加減の脅威を感じます。




99回・100回の難易度を受けて

国試の受験者数を絞った薬学部も多く

今回の第101回を受験できずに卒業延期や留年した学生は

本当に残念でしょう。


しかしその犠牲者の上に

類を見ない程の高い6年制新卒の合格率を出しています。

例えば

日本大学  97.14%
北陸大学  97.22%
国際医療福祉大学 99.07%


など。


ちなみに6年制新卒の合格率が100%だったのが


東京大学と


いわき明星大学です。









いわき明星!?








この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

いわき明星は100パーセント行くと思っていました。
根拠はありません。
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示