風邪薬も爆買いする中国人



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

2016年3月25日、人民日報は記事「風邪薬、本当に日本で買わなければならないのか?」を掲載した。
中国人はさまざまな商品を購入しているが、その一つが風邪薬だ。中国の薬は効果が弱い、偽物が混ざっている可能性があるというのが購入の理由となっている

なぜ中国人は日本の風邪薬まで爆買いするのか=中国ネット「偽物がないから」


20150617-OYT8I50083-N.jpg


中国人が日本で葛根湯を爆買いする光景を見たいものです。







テレビで中国人が爆買いしているのを見ると

第1類医薬品や要指導医薬品を売る時は大変面倒な事でしょう。

薬の説明もへったくれもない気がします。



ただ、中国人が中国の製品を信用していないように

ドラッグストアの店員が爆買いする中国人に

規約に則って販売しているか否かも大分あやしい。


先週JAPANドラッグストアショーが開催され

次世代戦略への具体的な1歩を踏み出す”ドラッグストア再成長元年”

と意気込んでいましたが

地に足ついた業務を行っていない限り信用を得る事は出来ず

システム的な進化がいくら進んでも

現場の薬剤師や登録販売者の意識の改革がついてこなければ

消費者からすればいつまで経っても

ドラッグストアはシャンプー売ってるついでに薬も買える

というような認識を変えれないでしょう。








この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示