がん患者にかかりつけ薬剤師



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   



  main_qol.png





薬剤師側からは

多く批難されているかかりつけ薬剤師ですが

制度導入前に似たような事を行って

しかも評価が高いという例。


群馬県伊勢崎市にあるクオール薬局伊勢崎店は、癌患者を対象に薬剤師担当制を導入し、患者に寄り添って支援する体制を構築した。その患者を担当する薬剤師は服薬指導など全ての対応を引き受け、患者からの相談も薬局の携帯電話で24時間受け付ける。患者に電話をかけて服薬状況や副作用の発現も確認している。

癌患者に薬剤師担当制導入‐問合せ増、副作用を早期発見





がん治療を受けている患者さんや

比較的症状の重たい患者さんなど

患者さん側からしても

やはり同じ薬剤師に対応してもらう事の安堵感というのはあるでしょう。

以前書きましたが

在宅医療においてもかかりつけは親和性が高いと思います。




このクオール薬局伊勢崎店の笹原侑祐氏は

「日頃、癌患者と接する機会は多いが、かぜや生活習慣病の患者と同じ対応をしていることに疑問を持っていた」

という事みたいですが

ホントその通りで

かかりつけが必要な患者さんの選別と

現場の対応力のバランスというのは常に意識する必要があり

むやみにかかりつけ薬剤師にすべきではありません。



個人的には

かかりつけ薬剤師制度は点数を取る事以外にはおおむね賛成なので

ぜひとも今後このようなかかりつけ薬剤師を利用した

いい話が聞ければいいなと思う今日この頃です。







と、せっかくいい話でしたが

笹原氏の

「何よりも嬉しかったのは、患者さんが薬局に連絡をくれたこと。担当制の意義を感じた」と成果を語った。

というコメント。

発言を切り取って記事に載っているなら申し訳ないのですが

この発言に大分違和感を感じています。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示