子供医療費ゼロに思う事



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

厚生労働省の有識者検討会は、子どもの医療費を独自に助成している地方自治体を対象に国が補助金を減額している今の制度について、少子化対策を推進するため、早急に見直すよう求める提言を大筋で了承しました。
子ども医療費 国の補助金減額見直しを提言


子供の医療費助成に関して

地方自治体への補助金を減額している

今の制度の見直しに関しては喜ばしい話です。

少子化対策という面もそうですが

万が一、子供の医療費がゼロでなくなり

親が子供を病院に連れていく事をためらい

それが子供の命にかかわる事も考えられます。

そんな最悪なケースを防ぐためにも必要な制度でしょう。


しかし安易に子供の医療費無料というのも考えものです。


例えば

「軽度の症状でも病院に受診する」

という事が常態化している家庭もありますが

大事な子供が体調不良を訴える。

しかし自分は医療人でないためどうすればいいか分からないので

とりあえず病院に行くという選択肢は

結果軽傷であったとしても手遅れになるよりかはいいと思います。
(常識の範囲内ならば)

しかし

時間外だろうが休日だろうが負担額がゼロなのをいい事に

平気な顔で仕事終わりや休日に病院を受診。

結果それが小児科医・看護師の負担増になり医療費も余計に。

薬局においても

残薬があったとしても「一応もらっとくわ」ぐらいのスタンス。

自己負担ゼロなので頑なにジェネリックを否定。

「保険証が必要なの?」となぜかちょっと切れ気味のお母さん。


きっと

医療費はタダ。どっかから湧いて出てきている

とでも思っているのでしょう。




これらは全て

医療費自己負担ゼロが生み出す子供の医療費増加につながっています。


この状況は全くもってよろしくない。




よって子供の医療費無料という制度は

子供を守るという点において素晴らしい制度だと思いますが

ギリギリの医療費、そして保護者のモラルの上に成り立つものだという事を

もっと意識する必要があるでしょう。




医療が崩壊する前に。

















この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示