抗がん剤の高額廃棄



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

一生の間に、2人に1人ががんになる時代。治療は日進月歩で進化し、よく効く抗がん剤も登場している。だが、値段も高く、医療費全体を押し上げる勢いだ。しかも、そこには病院で廃棄される薬剤の費用も含まれている。なんとか廃棄する分を減らせないか-。薬剤師らから問題提起の声が上がっている
抗がん剤の高額な残薬 廃棄分も患者・保険が負担


img01.jpg



以前も日経新聞で抗がん剤の未使用廃棄について取り上げられていましたが

解決策として載っていたのは今回の記事と同じように


メーカーに小瓶の規格を求めること。

1本の薬剤を複数の患者が使用する「分割使用」の可能性を探ること。



でした。

しかし前者の方はメーカーからすればメリットに乏しく

後者の方に関しても

慶応大大学院の岩本隆特任教授によると、米国の薬剤調製のガイドラインには分割使用の規定があり、クリーンルームや保存時間の条件が定められている。また、薬剤の漏出を防ぐ医療用キットを利用した検証実験も行われているという。

という状況であり

つまり抜本的な解決策は今のところないという状態。



しかしそこで後発品の出番。


現在現場で使用されている抗がん剤が

いずれ特許が切れた際には

後発品メーカーが競って後発品を発売するでしょうから

きめ細かい規格の販売をきっと行ってくれるでしょう。



しかし記事にもあるように

抗がん剤の治療も日進月歩。

今治療に使われている抗がん剤が時代にそぐわない可能性は十分に高く

となるとやはり技術革新や分割使用のための情報を収集する事が必要になってくるでしょう。





年試算で400-500億円と言われる抗がん剤の廃棄。



今後さらに増えるであろう事を考えたらやっぱり



メーカーさん、色んな規格の販売をお願いします。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示