後発品の使用促進が進まない2番目の理由



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

さて、今回の改訂から無事に

後発品の銘柄指定には理由を記載する事になりそうですが

一抹の不安は


本当に変更理由を書いてしまわないか


という事です。



薬局側としては

納得のいかない銘柄指定に対して

その理由を知りたいという反面

実際は

「理由書くなんてめんどくさいですよね。
もうチェックなんか外しちゃいましょうよ。理由なんて本当はないんでしょう?」


という本音が隠れているわけで


そこに真剣に変更理由を書かれてしまったら諦めるしかありません。
(もちろん本当に理由がある医師もいるでしょうが)

まあ、一応後発品の使用促進という目標の中で後発品を扱っている以上

あまり贅沢は言えないでしょう。


しかし実は後発品普及に関してネックな事がもう一点改善されていません。


2月13の黒い

「他の後発品への変更不可」の場合、理由記載を求めるべきか―中医協総会より




これは

薬局の薬剤師が後発品を進める上で医師に望む事のアンケートで


1位が堂々の

後発品銘柄指定をしないこと

そして3位が

一般名処方を希望

となっており

今回の診療報酬改定でこの2つの改善のために

後発品の銘柄指定理由記載だったり

一般名処方加算1ができたりしたのですが



アンケートの2位は




患者が後発品の希望をしている場合、処方箋に変更不可の署名を行わないこと



なんですよ。

これってつまり

後発品変更不可にチェックが入っている場合で

いわゆる先発品しか認めないという事です。

これをアンケート上は2番目に重要と考えているみたいです。


「みたいです」と他人事の様に書きましたが

確かに先発品を指定するならばその理由

言わば後発品に変更できない理由を記す事が

今後の後発品推進をはかる上で必要だと思います。






最近の話題はもっぱら後発品の銘柄指定が挙がっていました。

しかし、そもそも後発品への変更が認められなければ

後発品の使用促進なんて不可能なわけで

今一度

なぜ先発品でなければならないのか

という事に目を向けるべきです。



そして先発品でないといけない理由に対して

かなりの数が存在する後発品メーカーさん。

ゾロゾロと会社の数が増えてきましたが

ある程度一致団結してしっかり対応してください(他人任せ)。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示