やっぱり薬学部はこの大学しかない!



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

岐阜薬科大学は、2017年度から4年制の薬科学科を廃止し、6年制の薬学科に統一する“新6年制”薬学教育に移行する。4年制課程の学生に、薬剤師国家試験の受験資格を特例で認める経過措置が18年度で終了するため、全ての学生が国試を受験でき、研究も重視した教育制度が必要と判断。新たに6年制薬学科に「医療薬学コース」と「創薬育薬コース」(仮称)を設置し、研究ができる薬剤師と臨床が分かる研究者の育成を目指す

岐阜薬大が4年制廃止‐17年度から「新6年制」に統一


4年制薬学部を卒業しても

修士課程を終え、実習などの単位を約2年かけてとる事で

薬剤師国家試験の受験資格が得られる

いわゆる「4+2+2」の特例制度が18年度で終了してしまうため

岐阜薬科大学は全6年制に変更になったというニュースです。



岐阜薬科大は研究にも力を入れるみたいなので

もともと6年制を希望している人でも

途中で研究への道を目指すことができますし

4年制を希望している人も

研究メインで薬剤師国家試験の受験資格を得る事ができます。


受験資格がどっちでも得られるというのは非常に良い事で

4年制がある大学の中には

この形をとる大学も出てくると思います。



ただ問題なのが

研究にも力をいれつつ本当に国試受かるんですか?

という疑問です。

ちなみに岐阜薬科大は前回の薬剤師国家試験で

78.3%の合格率でした。

もともとの大学の偏差値も高く

おそらく医療薬学コース(今の6年制コース)の人でも

研究のへウエイトが多少高くなっても問題はないでしょう。

ただ、これが上手くいくのは優秀な国公立大や難関私立大ぐらいだと思います。

他の大学のレベルになるとなかなか難しいでしょう。


しかし4年制に進んでも

薬剤師国家試験の受験資格を得たいと思う人が

岐阜薬科大の様な所でも3分の1の人もいる事から

やはり4年制希望者にも

6年制の形を取って

後悔のないように、保険の意味も込めて

全員6年制という形がいいのかもしれません。


しかしそれでも

2018年度からも4年制として存続する大学も当然あるでしょう。

そこで

「やっぱり薬剤師免許があった方がいいかも」

なんて思う人も必ずでてくると思います。

となると

入口の段階で4or6年制に分けるのは得策ではないと思います。


という事でやっぱりオススメなのが




大阪薬科大学です!!




詳しくはこちら

ライター薬剤師の黒いブログ~薬学部は入学時に4年制か6年制に分けるべきか~

をぜひ読んでください。






ちなみに誤解されるといけないんで

言っときますけど

そこの卒業生とかではないですし

一切知り合いもいませんよ。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示