薬剤服用歴管理指導料50点???



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

診療報酬改定でのかかりつけ薬剤師の点数が70点という事で

今後2年間に渡って全国の薬局で点数を取りに行く事になるでしょうが

個人的に一番気になったのはこの点数。


薬剤服用歴管理指導料


①原則6月以内に処方箋を持参した患者に対して行なった場合 38点
② ①の患者以外の患者に対して行なった場合 50点


この点数、41点のままか

若干下がるものとばかり考えていました。


と言うのも

調剤基本料1と4以外を算定する場合は50点でいいんですよ。



となると

これまで基本料41点を算定していてお薬手帳を持参していた薬局の場合

41(基本料)+41(管理料)で計82点だったのが

41(基本料)+38(管理料)で計79点に下がります(2回目以降)。


では大型門前でチェーン薬局の場合

25(基本料)+41(管理料)で計66点だったのが

20(基本料)+50(管理料)で計70点になってしまいます(2回目以降も)。




これのどこが門前薬局の評価の見直しなんでしょうか。



厚労省の中井氏は


継続来局以外の患者に対して算定する点数が50点と、現行の41点よりアップした背景について
「調剤基本料を下げたこと、薬局業務の評価の重点をモノ(対物業務)からヒト(対人業務)へと移したことなど、全体を考慮した結果」と説明した。



と言うことみたいですが

患者さんからするといい迷惑でしょう。

医療費も無駄です。

特に今回の

薬剤服用歴管理指導料もかかりつけ薬剤師指導料は高すぎです。

やることは従来とほとんど変化がないだろう管理料は

現場の評価と乖離しすぎだと思います。





もしこれで薬歴未記載なんかがあって

徹底的に叩かれても当然文句は言えませんね。

当然これまで以上のペナルティを課すべきです。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示