羨ましくない!看護師の特定行為!!



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

特定の研修を修了した看護師が、医師の指示を待たずに手順書に従って特定の診療の補助(特定行為)ができるようになることを踏まえ、全日本病院協会(全日病)は、特定行為の実施方法などを盛り込んだ「手順書例集」を公表した。

特定行為の手順書、「ひな型」を公表- 全日病、「作成する際の参考に」


昨年10月から看護師の特定行為研修がスタートしました。

同じ医療従事者として気になるのが

薬関係はどこまで看護師が関与できるのか

という点でしょう。

という事で薬が関係する特定行為を挙げてみました(輸液は除く)。


感染徴候がある者に対する薬剤の臨時の投与
インスリンの投与量の調整
硬膜外カテーテルによる鎮痛剤の投与及び投与量の調整
持続点滴中のカテコラミンの投与量の調整
持続点滴中のナトリウム、カリウム又はクロールの投与量の調整
持続点滴中の降圧剤の投与量の調整
持続点滴中の糖質輸液又は電解質輸液の投与量の調整
持続点滴中の利尿剤の投与量の調整
抗けいれん剤の臨時の投与
抗精神病薬の臨時の投与
抗不安薬の臨時の投与
抗癌剤その他の薬剤が血管外に漏出したときのステロイド薬の局所注射及び投与量の調整



非常にたくさんあります。


もちろん上記の事を行うには規定があり

「患者の特定」 「病状の範囲」 特定行為ができる患者の条件や状態 
「診療の補助の内容」  特定行為の名称
「確認すべき事項」 特定行為前後の体調変化の確認
「連絡体制」  報告の方法

なども厳密に定めなければなりません。




この特定行為案が出た当初は

これまで法律的にはアウトな事でも

現場では当たり前に行われている事を

合法化するための案がメインだと思ってましたが

この内容を見ると

思いのほか、踏み込んでいる内容が多く

何だか先を行っているなあという印象です。


特に以下の3つなど。

抗けいれん剤の臨時の投与
抗精神病薬の臨時の投与
抗不安薬の臨時の投与






それにしてもこれだけ薬剤関係の特定行為がありますが

薬剤師は全くの蚊帳の外。

看護師に向けた特定行為なので

薬剤師の関与を必要としないのは当然ですが

そもそもこの特定行為を定めた目的が

「今後の在宅医療等を支えていく看護師を育成するためのもの」ならば

薬剤師も特定行為があってもいいと思います。



ただ看護師は許可される「行為」が増える事で職能の拡大になりますが

薬剤師に関して「行為」というもの自体そんなに多くはありません。



薬剤師に置ける職能の拡大というのは

いかに必要な情報を収集して適切な薬を選択できるか

という点が大きな割合を占めるのではないかと思います。




例えば看護師の特定行為でも

インスリンの投与量の調整が可能となってます。

これは高血糖・低血糖の際に

看護師が特定の条件下で

インスリンの投与量を調整できるというもの。

これがもし薬剤師であっても

血糖値のデータや基礎疾患などの情報が分かれば

医師に疑義照会して投与量の調整をする事ができます。

看護師の特定行為でも

医師への報告は必要なので

結局やっている事は変わりません。


となると、情報の収集というものが

ある種看護師の特定行為に匹敵するぐらい

薬剤師にとっては大切なものだと考えます。



今後検査値や疾患名が薬局でわかる時代がきます。

そして、それは薬剤師の職能の拡大であり

今後必要とされる在宅医療などにも

薬剤師が大きく貢献できるのではないでしょうか。





この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示