電子処方箋が4月にも導入



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

厚生労働省は2月5日までに、電子処方せんを4月にも導入する方針を固めた。各地域で構築が進む地域医療連携ネットワークを基盤に、電子処方せんを介して医療機関と保険薬局で患者情報や後発医薬品などの調剤情報などを相互に共有することで、医薬品の適正使用、医療の質が期待される

厚労省 電子処方せんを4月にも導入 電子版お薬手帳と連携でかかりつけ薬剤師の服薬管理後押し


とりあえずは

既存の地域医療連携ネットワークを基盤とするみたいですが

将来的には全国的に広まって欲しいものです。


と言うのも電子処方箋というのは

処方箋を電子化する事が目的ではなく

要は

疾患名や検査値などの情報共有を行うツールにする事

が目的(だと思ってます)。


薬局の永遠の課題であった

「疾患名が分からない」がようやく解決します。

疾患名や検査値が分かれば

適切な抗生剤の選択がなされているかだったり

腎機能から判断して過剰な投与量になっていないかなど

薬剤師が介入する幅が格段に広がります。

そして適切な薬剤を提供する事が出来れば

患者さんがより安全な治療を受けれると共に

結果医療費の削減にも繋がります。


もちろん

個人情報の漏洩リスクや

紙特有の利便性だったり

マイナスな面も当然出てくるとは思います。


しかしそう言った問題も

精度が進むに連れて解決するスキルも高まり

いつかは電子化が当たり前の時代になるのではないでしょうか。


電子処方箋という名の情報共有。

ぜひ広く早く広まってほしいものです。






この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示