どうなる調剤基本料



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

中医協総会に提示された案で

かかりつけ薬剤師が頭一つ抜けて話題になっていますが

調剤基本料についてもなかなか見ごたえが出てきそうです。


なんせ今回は5段階です。

調剤基本料1は41点で現行と同じ。

そして基本料2も25点と同じ。

ただ基本料2の中で現行と違うのは

月4000回を超える受付で7割を超える集中率
月2500回を超える受付で9割を超える集中率

に加えて

月○回を超える受付で○割を超える集中率
特定の医療機関の処方箋が月○回を超える薬局

が入ってくる事です。

単に門前薬局を叩くためならば

集中率は9割のままで

受付回数を2500から下げていけばいいはずですが

そうしていないという事は

また絶妙なラインを突いてくると思います。

ということで勝手に予想してみました。


月の受付回数が2000回を越える受付で8割を越える集中率

これでどうでしょう。



それはさて置き

それともう一つ気になる点が。



調剤基本料3に初めて

いわゆる大手チェーンを真っ向から意識した枠組みができました。

そして問題はグループ全体で

月に何回の受付回数を超えたらそれに該当するかという点です。

これは数の予想が全くつきませんが





我々は忘れません。





医療の本質から離れた過度な利益追求。

門前薬局は悪者と仕立て上げた事。

薬局のバッシングのネタの提供。



そしてその結果



中小の薬局がそのとばっちりを受ける事を。







まあ調剤基本料の4と5が

妥結が5割を下回る薬局向けのペナルティみたいなものなで

実質大手チェーンが一番安い調剤基本料を付けられ

ポーズとして4と5を付けたみたいな感じもありますけどね。




この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示