かかりつけ薬剤師は不要



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   






厚生労働省は2016年1月27日の中央社会保険医療協議会(中医協)で、2016年度診療報酬改定の個別改定項目のたたき台を提示した

「かかりつけ薬剤師指導料」新設へ



(1)患者の同意を得る
(2)1人の患者につき1人の保険薬剤師のみ算定できる
(3)患者の同意を得た次回来局時以降に算定可能とする

さらに、同指導料を算定できる保険薬剤師の要件として

(1)薬剤師として一定年数以上の薬局勤務経験があり、同一薬局に週当たり一定時間以上勤務しているとともに、その薬局に一定年数以上在籍している
(2)薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定制度等の研修認定を取得している
(3)医療に関わる地域活動に参画している――といったことが挙げられた。




かかりつけ薬剤師

なかなか加算を取りに行く事は難しいものになりそうです。

さらに勤務表なども渡さないといけないという事から

算定できるのは管理薬剤師だったり

いわゆる当面は「辞める事なく長く勤務してくれる薬剤師」のみで

「ひとつの薬局に一定年数以上在籍している」

これが全国の薬局において一番のハードルの高さである事は間違いないでしょう。


ただかかりつけ薬剤師に何点付くか分かりませんが

患者負担を増やしてまでわざわざ加算をつける必要性ってあるんですかね?



要は薬局内での患者さんの情報共有がしっかりされて

患者さんがそれこそ

「あの薬剤師がいい」

といった時にその薬剤師が対応すればいい話し。

指導内容も薬剤師によっては違った視点での指導があるため

かかりつけにしないメリットもあると思います。



それにしても

最初に同意書をかかせて半永久的に指名料をとるなんて凄い仕組みです。

キャバクラとかホストとかで言う太客というやつですね。



これはさぞ薬剤師側は気合を入れて対応する事になります。



ただこれ1人の薬剤師に対して患者さん1人なんですよね。

じゃあその他の患者さんには算定要件にない事はしないかと言えばそうではなく

やはりかかりつけ薬剤師なんて要らないんじゃないかと思います。

まあ半分試験的なものだと思うので現時点では何とも言えませんが

いずれこれのハードルを下げて

かかりつけ薬剤師の形も変わり

セルフメディケーションを広げていく事になるんでしょうか。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示