楽に草で「薬」的なアレ



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

社会保障費、医療費の増大は、先進国共通の課題です。特に超高齢社会を迎えた日本では、深刻な問題です。日本の薬剤費は8兆円を超えています。
先進国では、薬剤費の抑制の対策としてジェネリック医薬品の使用を推進しています。

《ジェネリック医薬品:3》 患者にも、医療費にも優しく





なんてことないジェネリックに関するテーマなんですが

気になった点が2つあったので。。。






ジェネリック医薬品の利用で節減された分の医療費は、革新的な新薬の開発のための費用に充てることが可能となり、間接的に新薬の開発促進を後押しすることにつながると期待されます



ジェネリックの使用により削減された薬剤費以上に

国の医療費が右肩上がりの現状で


節減された分の医療費は、革新的な新薬の開発のための費用に充てることが可能?



ちょっと待ってちょっと待っておにいさんですよ(古い)。

製薬会社は国営企業ですかと。

仮にそうだとしてもお金の使い方間違ってます。





あともう一点。




特許(patent)に愛(i)を加えると、患者(patient)という英語になります。私は、ジェネリック医薬品は、患者に優しい医薬品であると思っています





特許に愛を加えて患者になったら問題でしょうよ。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

紹介

日蓮正宗

全生庵

言霊百神
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示