潜在薬剤師の雇用促進案



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

歯科医師の免許を持たない助手に医療行為をさせたとして、警視庁生活環境課は歯科医師法違反容疑で、東京都品川区の「立会川駅前歯科クリニック」院長、佐々木和則容疑者(42)=港区芝浦=と歯科助手、前川泉容疑者(52)=大田区大森南=を逮捕した。
「不正どこでもやっている」 無免許で歯型取り 容疑の歯科医師らを逮捕 警視庁


前川容疑者は「小さな診療所ではどこでもやっている」と供述している。





なんだか昨年薬局でも話題になった無資格調剤と似てますね。

まあ最終チェックを薬剤師が行い

それまでの調剤の過程を薬剤師以外にやらせる無資格調剤とは違い

実際に患者さんに医療行為を行なっているという点では

質としてはかなり異なりますが。






そう言えば無資格調剤問題も厚労省が通知を出してから

全く話題にも挙がらなくなりましたね。



ただこの問題。本当に解決したのでしょうか。




財務省案の

薬剤師の1人あたりの処方枚数の緩和・撤廃により

テクニシャン導入も視野に?

みたいな憶測もありますが現場は変わらず動き続けます。


実際厚労省が禁止した無資格調剤ですが

あの通知で現場に大きな改善が見られたのか甚だ疑問です。



それなら提案なんですが

調剤を薬剤師にやってもらいましょう。



それもブランクがあったり薬剤師として働いた経験がない人、ママ薬剤師など

俗に言う潜在薬剤師にです。



世の中には薬局で働くという事に対して

かなり尻込みしている人がいると思います。

そしてその原因が

投薬が難しそう

というのが挙げられます。

「薬の知識もないのに質問されたらどうしよう」

「人と話す事が苦手」などなど。



そこで、投薬は取り敢えず行わず

調剤業務のみを徹底的に行う

言わば薬剤師によるテクニシャン的な立場で働いてもらうのです。


そうすると世の中の女性の潜在薬剤師の方(もちろん男性でも構いません)もハードルが下がり

薬剤師不足の解消に繋がり

雇用促進にも繋がり

無資格調剤なんていう事もなくなります。

これまで以上に女性の活躍する社会になります。

安倍さんも喜びます。






なんて綺麗事を書きましたが現実には

忙しい時はなんだかんだで投薬に回されたり

薬剤師を雇うためそれなりに経営者からするとコストがかかります。


そうなると今までの通り

調剤補助という形で無資格調剤していたほうが良いでしょう。




いや、全く良くないんですけどね。





この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示