もめる薬価



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

2016年度薬価制度改革の骨子が25日、中央社会保険医療協議会の総会で了承された。初後発品薬価の0.5がけ、基礎的医薬品の薬価維持の試行的導入、新薬創出等加算の試行継続、年間販売額が1000億円以上の品目の「特例再算定」をはじめ、次期薬価改革の全容が確定した。

16年度薬価改革の骨子了承‐日薬連・野木森会長、特例再算定「極めて理不尽」


ググるのが面倒な人向けにざっくり説明しますと


基礎的医薬品の薬価維持の試行的導入
         ↓
一定の条件下なら薬価が下がらない。これを導入。


新薬創出等加算の試行継続
      ↓
一定の条件下なら薬価が下がらない。これの継続。


特例再算定
  ↓
めちゃ売れたので薬価を凄く下げる。



後発品の初収載薬価が先発品の0.5がけ
   ↓
後発品の初収載薬価が先発品の0.5がけで。




という事なんですが

当然自分が作ったものは薬に限らず

なんであれ高い値がついて欲しいもの。

もちろんポジショントークになるのは必然です。






日本製薬団体連合会の野木森雅郁会長
今回の薬価制度改革で特例再算定が導入されたことに対し、「単に販売額と拡大倍率だけに基づいて薬価引き下げを行うこのルールは極めて理不尽」
新薬創出等加算の試行継続を「妥当な決定」と評価。基礎的医薬品の薬価維持ルールの新設も高く評価した。





日本製薬工業協会の多田正世会長
新薬創出等加算の試行継続と基礎的医薬品の薬価維持を評価する一方、特例再算定の導入には「イノベーションの否定そのものと言わざるを得ず、到底容認することはできない」との見解を示した。





まあ当然の意見でしょう。

そしてもちろんジェネリックの0.5がけに対しても。


日本ジェネリック製薬協会の吉田逸郎会長
初収載薬価の0.5がけについて「厳粛に受け止める」とし、現状維持を要望した







まあそれはそうでしょう。

いくら後発品のシェアを国が後押ししてくれると言っても

売れる値段は高い方がいいに決まってます。



しかし




薬価調査の結果で乖離率が大きかったことに対し「市場実態に基づかない要望をしたことを深く反省している」とした。













まじめかっ!!

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示