薬剤師採用バブル再考!?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

入社応募のエントリーを半数以上の就活生が1社。

薬局やドラッグストアでは高額な初任給を提示されている一方で

企業への就職が開発・学術・MRを含めても1割にとどまる現状。


→採用バブル、再考の時期




まさにいま

採用バブル、再考の時期にあると思います。






就活のエントリー開始時期が12月から3月に変わり

薬学生からすればほとんどの人は実習が終了している時期。

これから卒研をやりつつ国家試験へ向けて勉強をする体制になります。

しかし心の中では約1年間

「果たして自分は無事に国試に受かるのだろうか」

「そもそも国試自体受ける事ができるのか」

という心境です。

出来れば国試勉強以外の事に関しては余計な労力を割きたくない。

特に就活に関しては

本来はかなり大事な選択である事は分かっていますが

この売り手市場の業界。

薬剤師免許を使う仕事であれば他の学部と比べて

格段に就活は容易であり

しかも充分な給料も提示されます。

そもそも就活が上手くいけば余程の事がない限りその企業に就職できる他の学部とは違い

薬剤師においては就活が上手くいっても国試に落ちれば何の意味もない事になってしまうため

それならば時間を長時間費やして吟味して選ぶ必要はないという心理になる事も容易に想像がつきます。


もちろん、自分のなりたい薬剤師像を夢見て努力して就活をする学生も決して少なくないでしょう。



企業への就職が減っているのも

薬学部4年制時代とは違い

4年制と6年制に棲み分けがされている今

6年制卒免許なしで企業に就職するほどリスキーな事はないですし

今の薬剤師バブルが弾けるまでは学生の企業へのモチベーションも特に上がる事もないと思うので

今後も企業への就職というのは大き増える事はないでしょう。





ただ現状で採用バブルと言ってもピンと来ない人も多いはずです。

だって今就活している人は今しか知らない訳ですから。

それに多くのドラッグストアも調剤チェーンも軒並みかなりの業績を伸ばしまくっている今

当然初任給も右肩上がりで売り手市場。

そんな中いくら薬剤師過剰の時代がやってくると言われていても

それすら昔から言われてきた話し。

今更気にする必要はないと思う人が多いはず。

しかも薬局の数を減らす方向に動いている事をどれだけの学生が

漠然とではなく本気で理解し考えているのか。



まあバブルは弾けてみないと分からないですからね。


ただ全国の就活を控えている学生の皆さん。

今の状態は間違いなくそう遠くない将来に破綻します。

その時のために後悔の無い選択を・・・






と言いたい所ですがどうせ先の心配をしても意味ないので

取り敢えず今は国試に集中して薬剤師免許を取るように頑張ってください。



ではなぜ再考の時期だと思ったのか。



それは



一番再考しないといけないのは学生ではなく

多くの調剤・ドラッグストアである事は間違いないからです。





この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示