どうなる!?門前薬局で働く人の給料



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

何最近よくかかりつけ薬局への再編とか

健康サポート薬局で地域の健康を薬局が担うとか言われてますが

「へ~。
そうなんだ~。
そんな事より祝日明けの仕事だるいなあ。早く日曜来ないかな」


と、周りが勝手に盛り上がっているため

温度差を感じている人も多いはず。



しかしそんな中飛び込んできた先月30日のニュース。




門前薬局にお勤めの皆さん

将来的に給料に大きく影響する可能性があります。


後発品加算「60%未満で10点減算」、診療報酬「調剤見直し本体マイナス」‐財務省が提案


そしてその中で今回注目するのが

調剤基本料については、いわゆる「大型門前薬局」を念頭に低い点数が設定されている「特例」の対象拡充や点数の引き下げを図るべきとし、処方箋の受付枚数と特定の医療機関からの
集中率が「月4000枚超かつ70%超」と「月2500枚超かつ90%超」の薬局が算定する25点の特例点数を18点に引き下げる
ことを提案。
特例点数の対象についても、「近年の1施設当たり処方箋枚数は1200枚前後」(財務省)との理由から
「月2500枚超かつ50%超」「月1200枚超かつ70%超」の薬局に広げるべきとした。



そもそもかかりつけ薬局推進は

日本薬剤師会も厚労省もそして財務省も目指すところであり

じゃあどうすれば門前薬局からの脱却が図れるかと言えば

当然診療報酬で門前薬局にペナルティを課す事になり

上記の大胆な案も概ね妥結するのではないかと思います。


ただ、いくら調剤基本料が下げられたからと言って

既存の薬局が門前からすぐに撤退するわけにもいかず

一方で

薬局業界が勝手にかかりつけ薬局と叫んでいるだけで

患者さん目線からするとやはり立地重視は変わらず

何より市場原理が働いていないが故の問題ですが

点数をバンバン下げていくと

患者さんからすれば支払額が下がってしまい

よけいに門前薬局に行ってしまう可能性も出てきます。

むしろ支払額が増えてまで従来とは違う薬局に行くでしょうか?

これって結果かかりつけ薬局推進と逆行してしまう気がしてしまいます。

まあ本当は医薬分業を勧める時みたいに

面分業やかかりつけ薬局にインセンティブを与えるのが良いのでしょうが

現状まず不可能。


ただこの財務省の案で

将来的な門前薬局開局の抑止力になる事は間違いないでしょう。

しかし厚労省の言う

既存の5万7千の薬局を再編し、全てをかかりつけ薬局にするのであれば

かなり難しい状況だと思います。




ただ、かかりつけ薬局という事自体が単なるポーズで

本心は門前薬局の利益を削ぐという事であれば

大胆なカモフラージュだとも思えます。

そしてそれは門前薬局に限らず

「月2500枚超かつ50%超」
「月1200枚超かつ70%超」


という、若干門前薬局っぽい微妙な薬局を含め

多くの薬局の調剤基本料の引き下げを通すのが狙いではないかとも考えます。






余談ですが

厚労省が示した

患者本位の医薬分業ビジョンの中で

~対物業務から対人業務へ~

というのを掲げてるみたいなんですが

これって何だか民主党が言ってた



コンクリートから人へ



みたいで

色々不安になってしまいます。


いやいや、そんな事不安に思っている場合ではないですね。


将来的な門前薬局の懐事情に影響を及ぼす方が不安です。


きっといつか「今」が本当にいい時代だと思う時が来るでしょう。




超売り手市場で企業の業績も右肩上がり。


多少のバッシングをまねいても問題ない。





ツルハHD

10月既存店売上高は前年同月比4.6%増と、今期に入り5ヵ月連続で前年実績を上回った。







いやあ~本当にいい時代です。




深い意味はないですよ。。。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示