スイッチしたOTC薬が基準になるかも



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

どうやらOTCにスイッチする事で

処方数に影響がでる事が示されたみたいです。



スイッチOTC薬の上市は確かに、該当する医療用医薬品の処方数に影響を与えることが、慶應義塾大学大学院薬学研究科医薬品開発規制科学講座、同医薬品情報学講座の研究で示された。多くの抗アレルギー薬の処方数は、スイッチOTC薬発売前は増加傾向にあったが、発売後は減少に転じた。科学的なモデルで処方数への影響を調査したのは国内で初めて。

スイッチ化で処方数減少‐科学的なモデルで影響を調査



そして次の診療報酬改定の話題のひとつが

いかに薬剤費を減らせるかという事。

例えば残薬チェックだったり長期処方の見直しだったりするのですが

新たな案として

保険給付から外す薬を検討する

というものがあります。

ではどの薬を保険給付から外すのかと言った際に

OTC薬が大きな基準になってきます。



OTCにある薬は保険給付から外しますと。



現時点でも

OTCスイッチ化により処方数が減った事が示されているので

もしOTC薬が全て保険給付対象外になった場合には

スイッチした薬の位置付けがこれまでとはかなり違ったものになるでしょう。


きっと医療従事者以外の人も

スイッチ化の動向に大きく左右され

そして確実に日本内ではその薬の使用量自体は減る事になります。





と、まだ今回の骨太方針・規制改革実施改革では

細かい品目の話しまで出ていないみたいなので

全面OTC薬は保険給付対象外というのはまた先の事になると思いますが。。。





しかしいずれにせよ

今後OTC薬のスイッチ化というのは

今よりも速度を早めた形で進んでいきそうです。


となると普段OTCを扱わない薬剤師側も

医療用としてはほどんど扱われないOTC薬に関する知識を

身に付けていかなければなりません。
















と、すっごく月並みな事を言いましたが

自分が勤めている所の採用薬以外の事を勉強するのも億劫なのに

更に使用しないOTCの勉強というのも

これまた触手が動かないのが本音。。。




という事で

せっかく今日は七夕なので短冊に



勉強しなくてもOTCの知識が身につきますように




と100個目ぐらいのお願いとして書きたい気分です。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示